« 2015年4月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年5月29日 (金)

三井修の短歌を読む

現代短歌文庫の「続 三井修歌集」を読んでいる。

その中の一首。

  パソコンの電源落とし電灯も消せばたちまち月光の部屋      (p.88)

窓のある、外からの明かりがさす部屋で働いている人の歌かな、と思った。(注)
すっかり外が暗くなるまでPCに向かって、というのは仕事か、残業なのかな。
まずPCの電源を消し、部屋の電気も消した。
窓から月光が満ちるような部屋だったことに気づく。
そして最後の一人として部屋から出る。
夏の方が月の高度が低いため、部屋に月光が入ってきやすい。
だから、夏の歌なのかもしれない。クーラーも消したのかな、とか。
いや、でも東や西に月があれば(そして窓がその向きにあれば)月光はさしこむ。
快適な孤独、というものがあるよな、と思い出させてくれた歌。
注:窓がない部屋で働いていると気が滅入る。
労働環境としては窓がある部屋が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

証紙つきの着物

証紙がついていても、これはニセモノだろう、と思ったりしている着物をご紹介。

こんな証紙である。
20150520_130958
本場琉球格子大島、という名称からしてまず怪しい。
琉球格子?
大島?
そういう名称の織物を、残念ながら私は知らない。
寡聞にして、とつけるとイヤミになりそうだけど。
沖縄で織られたものではないだろう、という推測となる。
鷹山工房というのがもしホントだとしたら、
これは要するに「米琉」ではないかと考えている。
それならそれで立派な着物、という位置づけに私としてはなる。
そして、この鳥柄。(図の右下近辺)
上手に織られており、私としては何の不満もない。
格子の角には小さな花織までついている。
産地は関係なく、大切に着ている着物の一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2016年1月 »