« フリース半衿 | トップページ | 橘曙覧を読む »

2009年6月29日 (月)

小千谷縮

半年ぶりの更新です。

昨年、きもの市場あんのんにて購入した小千谷縮。
綿麻でパリッとした感じで涼しくていいんですが、色が淡色なので汚しそう。
昨年は一度、袖を通しただけで終わってしまいました。

なんとなく普段着として着ることができず、ちょっと改まった席に着よう、と思っていたら、今年は早速、着る機会がありました。
1
日頃は半幅帯ばかりの私ですが、この時ばかりは一重太鼓を結びました。
ポリの八寸名古屋(夏帯、博多織)に、帯締、帯留、どれも夏用。
実は帯揚としては手持ちで合うのがなくて、プチ兵児帯を帯揚の代用にしてあります。
半衿は化繊のニセ紅型(紅型風のポリエステル)で紺色ですが、ここでニセでも紅型を入れたかったのは、そうでもしないと全然、沖縄の物が入らないから。
ホタル石のピアス(画像では見えません…)と合わせたつもりです。

|

« フリース半衿 | トップページ | 橘曙覧を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/45484716

この記事へのトラックバック一覧です: 小千谷縮:

« フリース半衿 | トップページ | 橘曙覧を読む »