« 20℃を越す3月の着物 | トップページ | 着物ではなく、泡盛の話 »

2008年6月29日 (日)

祝賀会の着物

基本的に無地や縞など地味な着物ばかり持っています。
が、おめでたい席にはちょっとはそれらしい着物を着るべきかなー、とは思っています。

職場のとある祝賀会で挨拶をする機会があって、その時に撮ってもらった写真を出します。20080627

沖縄はもう完全に盛夏なので、透ける夏の着物です。
ポリエステルの絽、青地に蝶が飛ぶ柄。
透ける着物なので蝶の柄が重なって見えます。
たくさんの蝶が飛び乱れているように見えるのも面白いです。

帯は半幅帯ですが、おそらく袋帯を半幅に仕立て直したもの。
クリーム色の地に金糸で鶴や菊花などのおめでたい模様。
ネットオークションで日舞用として出品されていたものです。

私はどうしても、半幅帯が好きで・・・こういう席にも使えるような
半幅帯を探していて、ようやく見つけました。
帯は横一文字に結んでいます。

帯〆は丸ぐけの加賀友禅風。帯と帯〆は夏用ではありません。

半衿と足袋は白。長襦袢は絽織の海島綿です。

|

« 20℃を越す3月の着物 | トップページ | 着物ではなく、泡盛の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/41677318

この記事へのトラックバック一覧です: 祝賀会の着物:

« 20℃を越す3月の着物 | トップページ | 着物ではなく、泡盛の話 »