« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月 4日 (日)

娘たちの着物

着物を着ていると、娘2人(5歳と7歳)も「着たい、着たい」とうるさいです。
でも、子供の普段着用の着物って、案外、ないんですよね・・・。
浴衣や甚平、晴れ着は(時期にもよりますが)あるものの、
休日のおしゃれ着、おでかけ着として子供に着せられて、汚しても気軽に
ザブザブ家で洗えるような着物、というのは、ほとんどありません。
ネットオークションもみてみましたが、数も種類も少なくてダメ。
きっと子供の普段着の着物は汚されたりボロボロで古着としては売りものに
なりにくいのでしょう。

という訳で、思い切って新品の着物を仕立ててしまいました。
生地はモスリン、袖なし羽織付きで二人おそろい(微妙な色違い)です。
Yn
このモスリンの布は軽く薄手で、肌触りもさらさら、さっぱり。
天然繊維の質感は化繊とはやっぱり違います。
柄は普段着というよりは、おしゃれ着になりました。
おひな祭りに着せましたが、お正月に着ても違和感なさそう。

おしゃれ大好きな二人は大喜び。
「きもの着ておでかけする!」と玄関から外に出てしまいました。
この表情を見てやってください。

長女(左)は下にTシャツを着ており、首からのぞいています。
本人がそれでいいというのでそのままにしました。
長女にはポリエステルのへこ帯、次女には木綿半幅帯を適当に結びました。

階段を昇る時には、上前の端を右手で持って歩くと裾が乱れないよ、と教えたら、
二人とも、裾を乱さないように注意しながら階段を上り下りしています。
両膝をついてから丁寧にじゅうたんに座る姿を見ると、娘たちにおしとやかな
立ち振舞いを教えるには着物を着せるのが効果的、と思いました。

サイズもぴったりで着せやすく、大きくあげをしてもらったので
あと数年は少しずつ直しながら着せられそうな感じです。
これからは日曜日は親子で着物、という日が増えそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »