« クリスマス風半衿 | トップページ | お天気の良い日は »

2006年12月31日 (日)

対丈(ついたけ)の着物

対丈(ついたけ)の着物を最近、よく着ています。
最大の利点は簡便さ。着付けの時間が短縮され、うまく行けば5分で着れるので。

今日、着ている着物はホントの対丈ではありません。
(おはしょりなしのホントの対丈の着物も持っていますが・・・その話はまた、いつか。)
短めの着物で、着る時におはしょりを作るのに苦労したので、
おはしょりを作ってしまって(縫いつけて)対丈で着ています。
_18
ウールのリサイクル着物です。私の気に入っている着物の一つで、
これで今日はお昼、家族でおそば屋さん(沖縄のおそば、というのは
当然ながら沖縄そばです)に行き、そのまま午後はたすきがけして
掃除と窓ガラス拭きをした、という普段着の着物です。
半衿は木綿の洋服地(水色とピンクのぼかし)、帯は木綿博多の半幅をカルタ結びで。
いつもは細い帯締めをするんだけど、今日はなんとなく、帯締めなし。

この着物で、気に入っているのは、模様です。
12かすり模様が織り込まれたウールで、私の大好きなトゥィグワーらしき模様も見えます。
拡大すると、こんな風(画像はどれもクリックすると拡大します)。

ウールのアンサンブルなので、同じ模様の羽織もあるのですが、
どっしりと重いウールで、単(ひとえ)仕立ての長着だけならまだしも、
羽裏のついた羽織まで着ると、着物が重くて肩が凝ります。
だから、この着物はほとんどアンサンブルでは着ません。

おはしょりを作った、と上で書きましたが・・・実は、ちょっと失敗してます。
どこがどう、失敗してるか、見たいですか?

Tsuitake
・・・見せてあげましょう。

帯の下側、おはしょりのところです。
白い模様が二つ、重なってる間がおはしょりの境目なんですが、
これだけでは失敗部分ははっきりしないかも。

拡大して、矢印をつけておきます。

Tsuitake_1
もうわかった・・・かな。
縫った糸が、出ちゃってるんですねー。
本来なら帯の下に入るように、縫うべきなんですが。

やり直そうかとも思ったんですが、普段着だし、
縫った黒い糸がそう、目立たないからそのままにしてます。

さっと着れる簡単さが気に入ってる対丈着物、
これからも出番は多いでしょう。

でも、お正月にはもうちょっと晴れ着っぽい着物を着る予定です。

それでは、みなさま、よいお年を。

|

« クリスマス風半衿 | トップページ | お天気の良い日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/13271156

この記事へのトラックバック一覧です: 対丈(ついたけ)の着物:

« クリスマス風半衿 | トップページ | お天気の良い日は »