« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月 9日 (月)

後ろ姿(半幅帯、横一文字)

あちこちにテキトーに着物を着て行くと、顔見知り程度の女性が実は着物
好きだということが判明したりして、ちょっと話が盛り上がったりします。

そういう着物好きの女性がよくおっしゃるのが「後ろ、見せてもらえる?」
後ろ姿、つまり帯結びがどうなってるか、みなさん、気になるんでしょうね。
そういえばこのブログに後ろ姿の写真を載せたことなかったな、と気づいて
昨日、娘(7歳)に携帯を渡し、撮ってもらいました。
お気に入りの芭蕉布縞半幅帯の横一文字結び、後ろ姿はこんな感じです。
Ushiro
おはしょりが、ぐじゅぐじゅなのは愛嬌ということで(苦笑)
背中にもいっぱい皺が寄ってるのは、ソファでごろ寝した後だからです。
ごろ寝しても乱れない帯結び!
・・・って、自慢にならないか。

写真撮影のための、晴れ着姿ではなく、
生活着の後ろ姿ということで、大目に見てやって下さいまし。

長着はネットオークションで入手した単(ひとえ)の中の一枚、おそらく化繊。
帯締めは細い丸ぐけ紐で、前には帯留。

貝の口やヤの字を結んだこともあるけど、日頃はこの横一文字ばかり。
斜めや襞(ひだ)のない、縦横のラインだけというシンプルさが大好きです。
それに、帯結びを定型化すると着物を着るための敷居が一つ、低くなります。

横一文字(かるた結び)の結び方はこちら→ 横一文字

・・・おまけ。
先日紹介した組み合わせを着た時の画像も載せておきます。
Kita
居酒屋での飲み会・・・いや、壮行会に着て行きました。
出かける前に、屋外で撮った写真です。
この時も、もちろん帯結びは横一文字。
同じ帯なのに色が違って見えるのは、自然光と蛍光灯の差も
あるでしょうけれど、合わせる着物の色にもよるのでしょう。

それにしても本当に、この帯ばっかり締めてます。
この時も直前まで違う帯(九寸名古屋)にするつもりで、帯枕に帯揚げかけて
すっかり準備も整えていたのに、着物の着付けまでで汗をかいてしまい、
更に帯と格闘してお太鼓を作る気は失せて・・・気がつくと手がこの帯を選んでいました。
気楽に涼しく締められる芭蕉布半幅帯、沖縄での着物生活にぴったりです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

古着と芭蕉布

ネットオークションで古着を購入した。
「材料用」として出品されていた格安の10点まとめ売り。
柄をみて気に入り、いつか半幅帯に仕立て直そうと購入した。

「 多少のお手入れで、練習着程度には着用出来るものが入って
いる場合もある」と書かれていたので、どれが着れそうか早く
みたかったのだが、届いた後、なかなか時間がとれなくて、
とりあえず単と袷に分け、袷は片付けてしまった。

そして今日やっと、単の6枚を詳細にチェックしてみた。

一枚は袖口に虫食いがあり、着用は無理。これはいずれ帯に。
もう一枚は全体的に色やけがあり、柄もあんまり好みではないので、
そのうち利用法を検討しよう、と片付けた。
残り4枚は、きれいにしたら普段着に十分着れる、というものである。
その中でもっとも期待?の一枚を、丁寧にみてみた。
Sa410629
素材は不明だが、しっかりとした単で、しつけも一部に残っており、
居敷あてまで付いているのが気に入った。

背中心付近が茶色く変色しているのが画像でわかるだろうか。
袖の一部も、これより狭い範囲だが、同程度の変色がある。
たたんだ時に一緒になる部分なので、直射日光でもあたった
のかもしれない。

きちんとした所に着ていくには恥ずかしいかもしれないが、
週末の子連れお出かけ着程度だったら、私はこのくらいの変色、気にならない。

「古着」「年代もの」ということで開き直って、かえって芭蕉布の帯が雰囲気に
合うかもしれない、と載せてみた。

Sa410633 なかなか涼しげで、悪くないのでは。
着物の地色の水色がちょっと茶っぽいのが、芭蕉布の色が
反射しているような感じ・・・というのは欲目も過ぎるか。
これなら炎天下の昼間には浴衣よりも涼しそうに見えるかも。

ただ、色の雰囲気が、これだけだと渋すぎ・・・。
70過ぎても80代になっても着用可、という感じなので、
ピンク色の帯締めを持ってきて、載せてみた。

(注:着物の色がどんどん変わっているように見えるのは、
 画像を加工しているのではなく、携帯のカメラが勝手に
 こういう色認識に変っているだけ。)

Sa410634


これで、40代の着物としていかがでしょう(笑)
赤系統の色が入ると、着物の青系統色が対照的に目立ち、
茶色っぽい印象が薄れるのが面白い。

もう10月だけど、ここは沖縄、日中の気温は30度以上。
この組み合わせ、明日、着てみようかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »