« ウーウミ初心者の歌 | トップページ | 古着と芭蕉布 »

2006年9月25日 (月)

9月の着物 at okinawa

9月に入り、台風が去った後、さすがの沖縄でも朝晩はクーラーが要らないように
なってきた。日中は30度を越すし、太陽がさせば真夏とほとんど変わりないのだが、
盛夏は過ぎ、晩夏という雰囲気にはなってきている。

2週続けて週末に、7,8月は着なかった館林唐桟(木綿単)を着ている。
沖縄では内地と同じ和服の衣替えをする必要はないと思うのだが、それでもなんとなく、
9月に入ってからは、しじら織り(特に白)は着たくなくなってしまった。
しじら織りの出番は透ける着物と同時期、と考えている。
そして、沖縄といえども透ける着物は8月いっぱい、ということでいいのかもしれない。

夏久留米は10月いっぱいくらいまでは着るつもりでいるが、9月に入ってからはまだ
出番がない。週末の一日しか着物を着ていないせいもあるとは思うが。

帯は芭蕉布の半幅ばかり。(完全に惚れ込んでいる・・・)
芭蕉布の帯はしっかりしているので、前板なしでも大丈夫、ということにも気づいた。
(それまでは、ベルト付きの夏用メッシュ前板をずっと使っていた。)
前板を抜くと、更に涼しく着ることができる。
地元の素材がいかに地元での着用に向いているか、というのを実感中。

|

« ウーウミ初心者の歌 | トップページ | 古着と芭蕉布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/12030852

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の着物 at okinawa:

« ウーウミ初心者の歌 | トップページ | 古着と芭蕉布 »