« ガーゼの居敷当て | トップページ | 砂時計小 »

2006年8月15日 (火)

近世沖縄の和歌(短歌)

沖縄で短歌が詠まれるようになったのは琉装が和装になった時期、つまり
ここ100年ぐらいの歴史じゃないのだろうか、となんとなく思っていました。
ところが、偶然、宜湾朝保(ぎのわん ちょうほ・・・「ぎわん」と読むのが
一般的なようですが、ここではあえて「の」を入れた読みにしておきます)と
いう人が「沖縄最高の歌人」と呼ばれていることを知りました。
(琉球の歴史とか、勉強が足りません、はい。)

宜湾朝保(1823-1876)は、琉球王朝時代末期の人物。
琉球王朝の高級士族の家柄で、三司官という最高職にありました。
政治的にはいろいろな評価がある人ですが(琉球国王を琉球藩王にする、
という藩王の勅命を明治天皇からもらってきた人なので、独立国家だった
琉球国を日本の一地方、県に成り下がらせてしまった張本人、という説が
あります・・・これがすべて朝保の責任なのか、私にはよくわかりません・・・)
歌人としては「沖縄集」(1600年代後半から朝保以前の、沖縄の歌人36人の
歌をまとめたもの)、「沖縄集二編(朝保の同時代人の歌をまとめたもの)」と
いう琉球王朝和歌の集大成というべき歌集を編み、個人としても「松風集」
という歌集が(遺稿という形ではありますが)残されています。
朝保は、琉球王朝の藤原定家、とでもいうべき人だったのかもしれません。
「松風集」から、一首だけ引用しておきます。

   朝なあさな鳴きふるしても新しく聞こゆるものは鶯のこえ

以下は私の感想。
沖縄では、よく、朝にウグイスの声を聞くような気がします。
(うりずんの頃・・・初夏に。今の時期には、もう鳴いてないですが。)
毎朝、毎朝、聞いても、ウグイスの声は朝を新鮮な、さわやかな気持ちに
させてくれるんですよねー。朝から、ちょっと得した感じ、というか。
この歌を読むと、そういう気持ちを思い出します。

琉球王朝の話に戻ります。
「沖縄集」「沖縄集二編」に名を連ねている歌人は、琉歌人としても知られて
いるのだそうで、和歌と琉歌の、いわば両刀使いが琉球王朝には多かった
ということになるのだと思います。明治七年には和歌、琉歌、漢詩の盛宴が
王宮で催されたという記録もあるのだそうで(朝保が和歌と琉歌の点者を
つとめたすです)、中国と日本と両方の文化をとりいれていた琉球王朝人に
は、多彩な教養人が数多くいたことが伺われます。

・・・私ももっと沖縄方言を勉強して、琉歌に挑戦してみようかなぁ。
漢詩は無理でも、英詩ならなんとかならないかなぁ、と思ったり。

(参考図書:近世沖縄和歌集 1990年 ひるぎ社)

|

« ガーゼの居敷当て | トップページ | 砂時計小 »

コメント

ここにも書き込もう♪さっき育児ブログの方にも書き込みましたが、多分お互い顔見知りの京都の病理医です。なんか別のこと検索して遊んでたら、たどりついてしまった。ウレシイ。ヒントは最近胎盤好き(笑)。HPもブログもすごいね~。沖縄将来移住計画もちょっとは夫婦で考える今日この頃。勉強させてもらいます!!あたしは、ポルノグラフィティファン(メリッサ挙げてくれてありがと。うれしい(笑))が高じて最近ライブやミュージカルにうつつをぬかし、時々pathologistのことも書こうかとか思って、PG三昧というブログをしています。また、お時間あれば、駄文を見に遊びに来てください。
朝に沖縄で聞く鶯の声か~。山の鶯じゃなくて海の鶯なんだね~。琉球王朝とかって、大昔の大河ドラマを見た以外に殆ど知識がないけど、1600年代から歌集があるのか~。いや~勉強になりました。また来させていただきますね。

投稿: ちっち | 2006年8月15日 (火) 22時57分

ちっちさん、コメントありがとう~。
こちらはご覧の通り、仕事とは関係ない、まったく個人的な趣味に走ったブログです。
沖縄も深刻な病理医不足、ご夫婦での移住計画が本格化したらぜひご連絡ください(笑)
PG三昧も今、見てきました。ライブに行ったり、ファンの仲間ができたりで、楽しそうですね。PGといえば私は最近ケータイの着信音(亭主限定)を「パレット」に変えました。「♪パレットの上の青色じゃとても~」って明るいメロディに乗って亭主からの電話を受けるのは、結構いい気分です。
これからも、ちょくちょく見に行きますので、今後ともどうぞよろしく。

投稿: slummy | 2006年8月16日 (水) 00時31分

コメントありがとう!結構移住計画は、本気です。子供たちが大学入学する10年後位をめどにかなり本気モードですので、またその節はよろしう。ちなみに夫は血液内科医ですが、そっちも職はありそう?(笑)着メロ”パレット”とは!!しかも旦那さん。ラブラブですな~(笑)。もしそれ直接ヨコで聴いたら、私は飛び上がって喜んでいたかも。あたしは、今は”月飼い”です。ちなみに。これからも私もちょくちょく遊びに来ますので、よろしくお願いいたしまう。

投稿: ちっち | 2006年8月16日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/11444189

この記事へのトラックバック一覧です: 近世沖縄の和歌(短歌):

« ガーゼの居敷当て | トップページ | 砂時計小 »