« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月28日 (月)

砂時計小

    我慢してサウナに汗を流すべくひっくり返す砂時計<小>
                                 奥村晃作

8月22日の読売新聞の夕刊に載った歌だそうです。

タイトル、すなわちこの歌の最後の句を、思わず「すなどけいグワー」と読んでしまって、
いや、まさかそんなはずはない、と「すなどけい しょう」と読み直しました。
・・・沖縄の人にしかわからない読み方をしてしまって失礼いたしました。
私は沖縄方言に詳しくはないんですけど、漢字で表記された沖縄方言では
「猫小」は「マヤーグワー」「鳥小」は「トゥイグワー」と読むんだと理解してます。
だから「砂時計小」は「すなどけいグワー」となるわけです。

「しょう」ではない、沖縄方言の「グワー」の語感をもうちょっと説明します。
「グワー」というのは沖縄方言の接尾語で「○○ちゃん」と呼ぶような親しみ、
愛称で呼ぶような感情がこもる言葉です。猫(マヤー)をマヤーグワーと言ったり、
鳥(トゥイ)をトゥイグワーと言ったりするというのは上に書いたとおりですが、
お年寄り家庭の縁側で「お茶グワー飲んで行きなさい」と若い人が言われたり、
いう風にごく気軽に使われる接尾語です。「まぁ、ちょっと座ってお茶でも飲んで」
というニュアンスですが、田舎のお年寄りならではの厚情たっぷりの命令口調に
「グワー」という接尾語は、よく似合います。

話がそれました。
そういう訳でこの歌を最初に読んだ時の印象はいうなれば「砂時計ちゃん」(笑)
小さな砂時計への親愛の情を(作者の意図とは別に)感じてしまったわけですね。
奥村晃作には

    ロッカーを朝昼さすり磨いたらニコニコ笑うよロッカーちゃんも

という歌もあることですし。
「ロッカーちゃん」があるんだったら「砂時計ちゃん」もあり、かな、と。

それから、縦書きの醍醐味なので横書きでは伝えられないんですが、この<小>という、
かぎ括弧ではない、<>で上下を囲まれた文字が、見ているうちに砂時計の形に
見えてしまいました。(深読みしすぎ?)
・・・やっと砂が落ちきった、さぁ、またひっくり返そう。
そんな状態の、小さな砂時計・・・に見えません?どうぞもう一度、ご覧下さい
こうして上下を<>で囲まれないと、そんなことは思いつきもしなかったでしょうが。

サウナで汗を流しつつ小さな砂時計を見つめ、砂が落ちきった所でひっくり返す。
男、忍耐、汗、サウナの熱気、という実に暑苦しい(失礼!)イメージと、
そのすべてを律する、小さな砂時計。
規則正しくなめらかに落ちる細かい砂の静けさ、爽やかさ。

もう一回、転載しておきますね。

    我慢してサウナに汗を流すべくひっくり返す砂時計<小>

この歌には、たくさんのコントラスト(対比)が含まれています。
(・・・私に読み取れたものだけ、書いて行きます。)
まず上に述べた、暑苦しさ(サウナ)と爽やかさ(砂時計)のコントラスト。
それから、サウナの熱気の中でじっと我慢して汗を流す、という力強く静的な行動と、
砂時計をひっくり返すという、ささやかながらも動的な行動のコントラスト。
サウナで我慢するのは全身ですが、砂時計を動かすのは手先、というコントラスト。
前者の行動は「流すべく」という文語で重々しく表現されているのに対して、
後者は「ひっくり返す」と口語で軽く、表わされています。

この「ひっくり返す」の語感と位置がまた、絶妙です。
「我慢」と強い言葉で始まった歌が「流すべく」と強い意思表示をされて
(苦しいが汗を流したい、流さねばならぬのだ!という感じでしょうか)
ますます力が入った所で、唐突に「ひっくり返す」という口語が来る。
ここで歌の流れ、歌の焦点が重みから軽みへ、大から小へ、ひっくり返されてしまう。
あたかも、砂時計を逆さにしたように。

面白いなぁ、と思います。
「ひっくり返す」で、読み手としては完全に意表をつかれてしまっているんですよね。
「流すべく」に続く言葉としては、まったく予想できない。
そこでくるっ、とひっくり返ったような印象を受けるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

近世沖縄の和歌(短歌)

沖縄で短歌が詠まれるようになったのは琉装が和装になった時期、つまり
ここ100年ぐらいの歴史じゃないのだろうか、となんとなく思っていました。
ところが、偶然、宜湾朝保(ぎのわん ちょうほ・・・「ぎわん」と読むのが
一般的なようですが、ここではあえて「の」を入れた読みにしておきます)と
いう人が「沖縄最高の歌人」と呼ばれていることを知りました。
(琉球の歴史とか、勉強が足りません、はい。)

宜湾朝保(1823-1876)は、琉球王朝時代末期の人物。
琉球王朝の高級士族の家柄で、三司官という最高職にありました。
政治的にはいろいろな評価がある人ですが(琉球国王を琉球藩王にする、
という藩王の勅命を明治天皇からもらってきた人なので、独立国家だった
琉球国を日本の一地方、県に成り下がらせてしまった張本人、という説が
あります・・・これがすべて朝保の責任なのか、私にはよくわかりません・・・)
歌人としては「沖縄集」(1600年代後半から朝保以前の、沖縄の歌人36人の
歌をまとめたもの)、「沖縄集二編(朝保の同時代人の歌をまとめたもの)」と
いう琉球王朝和歌の集大成というべき歌集を編み、個人としても「松風集」
という歌集が(遺稿という形ではありますが)残されています。
朝保は、琉球王朝の藤原定家、とでもいうべき人だったのかもしれません。
「松風集」から、一首だけ引用しておきます。

   朝なあさな鳴きふるしても新しく聞こゆるものは鶯のこえ

以下は私の感想。
沖縄では、よく、朝にウグイスの声を聞くような気がします。
(うりずんの頃・・・初夏に。今の時期には、もう鳴いてないですが。)
毎朝、毎朝、聞いても、ウグイスの声は朝を新鮮な、さわやかな気持ちに
させてくれるんですよねー。朝から、ちょっと得した感じ、というか。
この歌を読むと、そういう気持ちを思い出します。

琉球王朝の話に戻ります。
「沖縄集」「沖縄集二編」に名を連ねている歌人は、琉歌人としても知られて
いるのだそうで、和歌と琉歌の、いわば両刀使いが琉球王朝には多かった
ということになるのだと思います。明治七年には和歌、琉歌、漢詩の盛宴が
王宮で催されたという記録もあるのだそうで(朝保が和歌と琉歌の点者を
つとめたすです)、中国と日本と両方の文化をとりいれていた琉球王朝人に
は、多彩な教養人が数多くいたことが伺われます。

・・・私ももっと沖縄方言を勉強して、琉歌に挑戦してみようかなぁ。
漢詩は無理でも、英詩ならなんとかならないかなぁ、と思ったり。

(参考図書:近世沖縄和歌集 1990年 ひるぎ社)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

ガーゼの居敷当て

この夏、普段着にしじら織りの木綿着物を愛用している。
居内商店にて購入したもの。)
もともと帯に合わせて買ったもので、あまり思い入れがない分、かえって気楽に着ている。
子供と一緒の盆踊りに来て行ったり、バーベキューに来て行ってタスキがけで料理したり。
汗まみれになっても、油やソースがとんでも全然平気。
翌日ネットにいれて洗濯機で他の服と一緒に洗う。
干す時に少し伸ばすが、特有の「しぼ」をとらないようアイロン不要というのも手軽。
着た感じも軽く涼しく、真夏の普段着物として大活躍である。

そんな感じで、数えきれないくらい着ていたら(購入後、大体3ヶ月が経過)
お尻のところだけ、しじら織り独特の「しぼ」がのびて生地も薄くなってきてしまった。
おまけに背中心の縫い目が、お尻の部分だけ見えてきている。
・・・居敷あてをつけずに仕立てたから、だと思う。
いくら思い入れの少ない(一生ものだとは思ってない)着物とはいえ、
こんなに早くダメにしたくはない。
ほどけたり生地が破れたりする前に、自分で居敷あてをとりつけることにした。

仕立てあがった着物に居敷当てを自分でつけるのは、これで2度目。
最初につけたのは初めて買った木綿着物館林唐桟)で、自分としては大事な着物。
とにかく補強するために、しっかりした厚手の木綿生地(といっても家にあった布)を
縫い付けたのだが、今回は白地の夏物。
前回ほど強度最優先・・・ではない。

まずは機能面。できるだけ涼しく着たい。
それから、色。
透ける着物ではないにせよ、どんな色でもいいという訳にはいかないだろう。
やはり白、か。夏物の襦袢は白ばかりだし。
イメージとしては、さらし木綿がベストという気がするが、今、家にはない。
今日は外に買い物に行く気分ではないので、家にある布で済ませたい。
(・・・というあたりが思い入れの薄い着物、ということである。)

しばらく考えたあげく、ガーゼを使うことにした。
幅30cm、10mの長さで売っている医療用ガーゼ、である。
涼しさ(&手軽さ)最優先、まぁ、はっきり言って実験のようなものである。
こんな薄いガーゼで補強になるのか、というのが一番の問題。
いくらなんでもこれ1枚、という訳にはいかない気がしたので、4枚がさねにして
居敷当て用の布にすることにした。

約60cm長さの居敷あてにするので、ガーゼを長さ240cmに切り、4枚がさねにたたんだ。
一方の端(裾側にするつもり)を三つ折りぐけにして、あと三方はそのまま揃える。
背中心の縫い代にガーゼの中央部分を縫いつけ、三辺を縫い付けて終了。
(かなりテキトーだが、いちおう参考にしたのはこの本。)作業時間、約1時間。

着て、汗だくになった後の着物に縫い付けてしまったので、明日はこの居敷あてを
つけて初の洗濯予定。ノーアイロンで、どんな感じになるだろうか。
もしうまくいったら、もう一枚のしじら織(紺地。浴衣として売っていたが、襦袢を着て
白半襟に芭蕉布帯、という組み合わせで着たりしている)にもガーゼの居敷あてを
つけてみよう。

・・・ダメそうだったら、さらし木綿を買ってこようっと。

  追記。洗って乾かしてノーアイロンで適度にやわらかく、通気性もOK。
     他の単衣にもガーゼ居敷当てをつけることにした。
     実験の規模を拡大、ということである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

奥村晃作の短歌観と短歌

奥村晃作が自身の短歌観を闡明(せんめい)にしています。
(7月18日、7月30日の日記など。)
とても興味深く読ませていただいたので、以下に感想と、関連していると思われる
歌をあげてみます。

①②⑤は、なるほど~と納得しました。
(①や②が何か、というのはぜひ原文をお読み下さい。)
特に①。文語が骨格にあって口語が必要に応じ、あるいは自在に混じる、
というのにはとっても納得しました。たとえばこんな歌。
(以下、歌はすべて奥村晃作の第十歌集「スキーは板に乗ってるだけで」からの
引用です。)

  にんげんが勝手に作った台杉の奇っ怪な姿(なり)初めて目にす

「(勝手に)作った」と口語で始まり「目にす」と文語で終わる歌です。
「作りし」ではないし「目にする(した)」ではないから口語で始まり文語で終わる、と
言っていいんだと思うんですが、まったく違和感なくおさまっていますよね。
「文語口語混合体(短歌)」の見本と言っていいかと思います。
なお、この歌は奥村晃作得意の、人為と自然を詠み込んだ歌でもあります。
ちなみに奇怪ではなく「奇っ怪」というのは④表記のレトリック、でしょう。

でも、奥村晃作の歌って実は案外、文語の歌が多いんです。
文語の歌でも決して時代がかった古めかしい文語ではなく、現代人にも
違和感なく通用する文語が多いので、さらっと読んでしまうと文語だったと
いうこと自体が、判別しがたいほどです。

奥村晃作の歌は、文語と口語が一首の中でもごく自然に共存していますし、
歌集の中でも文語の歌が多いとはいえ要所要所に印象的な口語の歌が効果的に
配置されているので、まさに文語口語混合体、なのだと思いました。

②⑤は指摘され、ホントだ、って思いました。
句またがり、句割れがごく自然に入ってくる、字あまりなのに不自然じゃない歌が
「ただごと歌」というのにも納得です。
句またがりになってる歌を、一つ挙げますね。

   目下ひゃくろく連敗のハルウララひゃくなな連敗に向けて挑まん

最初っから句またがり、二句目が句割れ、という歌です。
でもこれ、実に効果的な句またがりなんですよー。
ハルウララの106連敗が107連敗になるかも、ということを歌っていて、
106の「ろく」が句またがりによって強調されて、下の句の「ひゃくなな」
連敗が生きてくる。
(話がそれますが、この歌、私、大好きです。「ひゃくろく」「ひゃくなな」とくり返し、
しかもひらがなで表記することによってハルウララのヘナチョコ連敗馬っぷりを
見事に表現した、技巧とユーモアと皮肉たっぷりの時事詠に拍手!)

次は⑤として書かれていた、五句32音になっている歌の例をあげます。

   地下深き風穴(ふうけつ)の室(へや)広くして繭玉保冷(まゆだまほれい)に
   かつて用いし

数えてみてください、第四句が8音なので、32音ですよね。
繭玉保冷、という言葉がこの歌における要の一つであり、助詞の「に」も省くこと
が許されない、だから32音になった、という必然性が理解できます。
暗くて広くて涼しい風穴の中に、かつて置かれていたという繭玉のイメージが白く
浮かび上がってくる・・・そんな歌だと思っています。

③は好み、だと思います。私はあまり好きじゃない・・・というか、良いオノマトペだと
感じるものが少なく、残念ながら耳障りな音に響くことの方が多いのです。
本当に優れたオノマトペはガンガン入れて欲しいんですが、このガンガン入れて、
というのは悪い見本の一つです(笑) 
まぁ確かに現代風な感じは出ますし、短歌の「音楽性」を象徴するものだというのは
理解できるんですが、必ずしも現代短歌の要件に入れなくても?というのが私のごく
ごく個人的な感想です。
それでも、良いオノマトペだと私が思う歌を、一首あげておきます。

   カミソリを当つればスッと切れそうな蛙の白き咽(のみど)と腹(おなか)

冷たいカミソリと、蛙の冷たく白いノドとオナカには「スッ」というオノマトペがぴったりです。
別段、独創的なオノマトペではありません。でも、ぴったり、なんです。
ありがちなオノマトペを使って、ありふれてない短歌に仕上がっているのは、奥村晃作の
手腕ならでは、でしょう。

そして、詳細に解説されている④。
・・・これこそが奥村晃作の短歌の真髄であり、シロートが不用意に真似できない
部分なんだろうなぁ、と思いました。
「決まっている」「正しい」という確信は「<わが歌>得たり」という現在の奥村晃作の
ものだと思うんです。助詞一つだけではなく、全てについてというのだから、なおさらに。
奥村晃作の短歌の魅力はこの「④表記のレトリック」に隠されている、ような気がします。

「表記のレトリック」は単なる「表記」「レトリック」ではなく、短歌の心が実体化する
姿かたち、いうなれば短歌の魂(たましい)のあらわれなのではないか、と思うんです。
この「奥村短歌魂(おくむらたんかだましい)のあらわれ」について、奥村晃作自身の
解説は、他人には何ともわかりにくいものになってしまっています。

・・・いや、わかりにくくて、それでいいんだと思っています。
こんな大事な、容易でない事柄が誰にでも簡単にわかるはずがない。
わかってしまうんだとしたら、世の中おもしろくないです。
魅力ある謎は、人生の秘宝でしょう。

表記のレトリックについて、僭越ながらつけ加えるとしたら、奥村晃作の歌における
ひらがな、漢字、カタカナの使用、特にカタカナ表記について、特徴のようなものが
あるんじゃないかと思っています。うまく言えないんですが。
カタカナ表記にすること自体、とても意識的(技巧的?)に行われている感じがします
し、カタカナ表記の外来語の使用はとってもレトリック!という感じです。
一般に、カタカナ表記の外来語(ジャパニーズ・イングリッシュとか和製英語とか言わ
れる言葉も含む)の混在は現代短歌には欠かせないものじゃないかと思います。
(欠かせない、と断言できないのは私がそれほど現代短歌を勉強してないからです)。
下手に多用すると悪趣味、でもうまく使うと効果的、という点ではオノマトペと似てる
かもしれません、カタカナ外来語は。
でも奥村晃作の短歌にはカナ表記外来語が絶妙に使われていることが多いです。
たとえば・・・二首、引用します。

  プラトニックラブ、純愛と言うけれど根底にある性の欲望

  部分的ホロコーストならやるだろうファルージャの人ら蜘蛛の如く散れ

前者はカタカナ語を使って同義反復していますが、日本語だけで反復するの
と違って、洋の東西を問わないというか、流行の言葉でいうと「グローバルな」
効果がありますよね。やたら美化することへの反感というか、美名をつけてごまかす
ことに対する問題意識が、グローバル(笑)な異語同義反復で強調されている、と
いう印象を受けました。
後者はホロコースト、それも「部分的ホロコースト」という造語(?)が、効いています。
ニュースで現地の様子を知るだけの日本の一市民が、戦時にあるファルージャの
人に思いを馳せるのであれば、「部分的」であっても「ホロコースト」があり得ると
いう認識を持つべきでしょう。迫力のある時事詠だと思います。

長く、まとまらない文章になってしまいました。今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

夏久留米に芭蕉布帯

Dousou 中学校の同窓会に着物で出席した。
着物は夏久留米、帯は芭蕉布
私としては、この夏最高の組み合わせである。

夏真っ盛り、である。この時期の内地は沖縄より暑い。
同窓会当日の早朝、自宅を出た時から着物なので、暑さ対策は徹底。
この服装で車を運転して空港に行き、飛行機と電車を乗り継いで、
そのまま同窓会に出席するのだ。
汗対策のため肌着にアクアジョブ(旭化成)の汗取りインナーを着て、
その上に海島綿の長襦袢、半襟は麻。
長襦袢、長着どちらも伊達締めをせず、細い腰紐で代用。
その上にメッシュの帯板をして、芭蕉布の帯、薄紫色の夏用帯締めを締めた。

芭蕉布の帯は期待通り、これまでのどんな帯よりも涼しかった。
帯の中に熱がこもることがない。
いつもは硬い夏用帯締めが汗で柔らかくなるのだが、この日は最後まで硬いまま。

足元は麻の白足袋。
会場に着くまでは足袋カバー(フリーサイズの柄足袋)をその上に履いていたが、
麻足袋の放熱作用は足袋カバーの中でも保たれており、涼しかった。

夕方からの同窓会で、駅では浴衣姿の女性やカップルをたくさん見かけた。
同窓会では和服は私一人だったが、気にしない(笑)
翌日、自宅にとんぼがえり。
同じ着物、同じ帯で帰ったが(長襦袢は換えた)、芭蕉布の帯は想像していたよりも
皺になっておらず(前の晩にほどいた後、くるくる巻いておいただけ)
2日目にもたたみジワもなく、かっちりと締めることができた。

午後5時に帰宅。
夕食後、家族と地元の夏祭りにこの格好で(細部には違いあり)でかけ、
そこでも浴衣姿や甚平姿をたくさん見かけた。
着物で違和感がないシチュエーションというのはやはり嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

ブログのカテゴリー変更

ブログのカテゴリーを変更しました。
何をどう変更したのかと言いますと、これまで「短歌」というカテゴリに一括して入れて
いた、奥村晃作の短歌と自作を別のカテゴリーに分けました。
奥村晃作の歌と自分の歌とを「短歌」として一括するのは変と思ったんです。

理由として奥村晃作の短歌を今後も読み解いていきたい、ということがあります。
奥村晃作の短歌に出会って、ずっと冷めていた短歌熱が再燃しました。
今回のカテゴリー変更(新設)は今後しばらくはオクムラ短歌マニア(笑)でいます、
という宣言みたいなものです。

オクムラ短歌のマニア、もとい、愛読者としてはまだまだ日が浅い私ではありますが、
現時点で3つの仮説(?)を持つに至っております。

1.奥村晃作の短歌は退職後の方が断然、おもしろい。
2.歌集については最近作が最高傑作、現在も日々進化し続けている。
 (歌三昧の生活で、歌人として真に生きることになったのでは。)
3.現代日本にあふれる退職老人の歌と、奥村晃作の歌は似ている所もあるが、
根本的に違っている所もある。

・・・といっても、これらの仮説は検証されないままで終わるかもしれません。(苦笑)

最初に入手した第10歌集に続いて、第1歌集から9歌集までの自選歌集「空と自動車」
を手に入れ、その後は第8,9歌集である「ピシリと決まる」「キケンの水位」と「奥村晃作
歌集」(第3歌集「鴇色の足」が全部入ってます)を入手し、更にネット古書店で歌論集
「抒情とただごと」も入手しました。
奥村晃作の短歌については、これからも書きたいことがたくさんあって、楽しみです。
(自分の短歌については・・・まぁ、今はそっとしておいて下さい。)

(注:この記事の公開は8月3日ですが、その後も少しずつ書き直しています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »