« 奥村晃作 スキーは板に乗ってるだけで(2) | トップページ | 綿麻半襟(水玉にイルカ) »

2006年5月31日 (水)

トゥィグワー(沖縄風鳥模様)

Tori1沖縄の伝統的絣模様の中で、私が最も心ひかれるのは「トゥィグワー」。
鳥を抽象化した模様。それも鳥が飛ぶ姿を抽象化している。
この模様が入ったものは見境なく欲しくなる(ので自分を抑えるのに苦労する)。

ある日、沖縄自動車道を車で走っていると、まさにこのようなシルエットが上を横切った。

Tori2
あ、トゥィグワーだ、と思った。
その瞬間、気づいた。

私が本当に好きなのは、鳥ではなく、空なのだ、と。

沖縄の空は本当に美しい。
晴れた日の青空と白い雲、雨や曇りの日の濃淡のある銀色、それぞれに魅力がある。
そして、その空を飛ぶ鳥がいる。
一瞬で過ぎ去ってしまう、飛ぶ鳥の姿。その姿を布にうつしたのだ。
飛ぶ鳥の柄は、背景の布を空に変えてしまう。

このデザインを考案し、最初に織った人は、布の中に鳥の姿を織り込むことで、
織り上げた布を空にしてしまいたかったのではなかろうか。
空を身にまとうなんて、なんという気宇壮大な贅沢。

トゥィグワーの模様ではないが、星空に鳥が舞うデザインに魅せられて、
帯(木綿の半幅)を一本買ってしまった。晴れた夜空の帯、である。

Tori3星空に飛ぶ鳥の姿が白く見えるわけはないのだが、それでもいい。
これは絶対に欲しい、私のための帯だ、と。
帯を買ったのはいいが、この帯に合う着物がない・・・と
白地に格子模様の着物(阿波しじら)まで買ってしまった。

まぁ、決して高い買い物ではない。全部木綿だし。
それに今、見てきたら(居内商店)やっぱり売り切れている。

しかし、ネット通販、恐るべし。
こんな衝動買いは自分でも怖い。
衝動買い対策として、しばらくネットで着物店をのぞくのは止めにしよう。

|

« 奥村晃作 スキーは板に乗ってるだけで(2) | トップページ | 綿麻半襟(水玉にイルカ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/10323864

この記事へのトラックバック一覧です: トゥィグワー(沖縄風鳥模様):

« 奥村晃作 スキーは板に乗ってるだけで(2) | トップページ | 綿麻半襟(水玉にイルカ) »