« 病院前のバス停にて | トップページ | 奥村晃作 スキーは板に乗ってるだけで »

2006年5月 8日 (月)

夏久留米&海島綿の長襦袢

_3 ゴールデンウィークを過ぎると沖縄では実質的に梅雨入りだ。
空はどんより曇り空、むっと暑くなった・・・と思うと、雨が降り出す。
25度以上の気温、高い湿度、不快指数の高い時期。
部屋ではクーラーの除湿機能を使ったり、扇風機の風にあたったり。

さて。染織こだま に注文していた夏用の着物が届いた(画像)。
夏用の久留米絣(木綿)と、海島綿の長襦袢。
長襦袢には麻の半襟をつけてもらい、麻の足袋も同時に購入。

自作のリゾート柄半幅帯をあわせてみた。
帯締めは伊賀くみひも。夏物用一本独鈷ということだ。
(ちなみに、この帯締めも気に入っている。
簡単な手作りの帯がこの帯締め一本で格が上がるような気がする。)

長襦袢と着物、どちらも軽くて着やすい。そして涼しい。
蒸し暑い沖縄の梅雨時でも、これなら大丈夫そう。
数時間着ても、着崩れほとんどなし、というのもありがたい。

今年の夏用の浴衣をまだ買っていないのだが・・・欲しくなくなってしまった。
浴衣を着る機会があるのだったら、この着物(と襦袢)を着たい。
特にこの久留米絣。袖を通したら惚れこんでしまった、という感じ。
夏に着倒すつもりで買ったのだが、白糸で濃く薄く浮かんだ絣の花模様が実にイイ。
(画像では濃淡がきれいに出ていないが。)
シミをつけたくない。日常着にするにはもったいないかも。
・・・いや、袖を通さずにいる方が、もっと、もったいない。
木綿の丈夫さを信じて、シミをつけたとしても、洗ってまた着よう。
落ちないようなシミは自分の印、と思うことにして。

|

« 病院前のバス停にて | トップページ | 奥村晃作 スキーは板に乗ってるだけで »

コメント

久留米絣&海島綿の着心地が気になって出かけてきました。
夏久留米、良いでしょう~♪
私も欲しいと思いつつ、手に入る量が少ないため
なかなか自分の物になりません(涙)

今日も夏久留米をたとう紙に入れながら
ほしいなぁ・・・とため息をつくところでした(笑)

海島綿は以前から着ていますが
肌触りのやさしさが好きです。

久留米絣は丈夫です。
たくさんお召しくださいね。

投稿: みょう | 2006年5月11日 (木) 19時29分

みょうさん、コメントありがとうございました。

夏久留米、本当に気に入っています。
週に一度しか着物を着ないはずの私が、この一週間で3回も袖を通してしまいました。
軽くて、適度な硬さと柔らかさがあって。
涼しくなるまでは、もうこれしか着たくないって思います。

入荷しても、ご自分のものにはなさらないんですね。
なんだか、ちょっと申し訳ないような気もしますが、
商売人としての心意気、みたいなものも感じられて
カッコイイなぁ、って思ってしまいました。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

投稿: slummy | 2006年5月17日 (水) 09時37分

気に入って着ていただけること、とてもうれしいです。
絽の着物のように透け感のあるものは、季節感が強く
宮崎が沖縄ほど暑い期間が長くないにしても
やはり7~8月物という感が強いです。

でも、この夏久留米はその点気軽ですし、
京都のように、着物というものは・・・
という部分のある場所でも
とても気兼ねなく着られますって好評でした。

沖縄にも、少しづつお客様が増えています。
こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: みょう | 2006年5月18日 (木) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80531/9963086

この記事へのトラックバック一覧です: 夏久留米&海島綿の長襦袢:

« 病院前のバス停にて | トップページ | 奥村晃作 スキーは板に乗ってるだけで »