2010年1月17日 (日)

県立北部病院産婦人科問題の年譜

私の勤務先でもあり、私自身が3人の子を出産した県立北部病院産婦人科。
これまでの事実関係を整理するために年譜を作ってみました。

事実を整理し、記録するのが目的ですので、関係すること(北部地区医師会婦人科の件など)も年譜に入れています。リンクもできるだけ貼ってみました。

-----------------------------------
   県立北部病院産婦人科問題 年譜

2005年3月 県立北部病院産婦人科 医師退職のため休診

2005年4月 県立中部病院より週1回産婦人科医1名の業務応援開始(院内コンサルトと婦人科外来経過観察患者の診療)

2005年9月 県立北部病院産婦人科の再開・存続を求める北部12市町村総決起大会開催(参加者は主催者発表で1700人)

2006年1月 市長選候補者への応援演説にて小池百合子沖縄担当相(当時)が「防衛医官を派遣する」と発言

2006年4月 小池百合子沖縄担当相、記者会見で派遣について発表

2006年6月 防衛医大からの産婦人科医派遣開始、県立中部病院からの応援終了(産婦人科学講座教官延べ6名が一人ずつ1~2週間交代で勤務。業務は院内コンサルトが主、入院患者の主治医になることはなく、外来診療、救急診療はなし)

2006年11月 北部地区医師会病院、婦人科診療を開始

2007年3月  防衛医大派遣終了

2007年4,5,6月 1名の産婦人科医が内閣府&県のドクターバンク事業で月に5日間だけ派遣(業務形態は防衛医大と同じ)

2007年7月(?) 北部地区医師会病院より、産婦人科医1名の業務応援開始(院内コンサルトと婦人科外来経過観察患者の診療)

2007年9月 北部地区医師会病院、婦人科休止

2007年12月 産婦人科医2名着任(常勤)

2008年2月 婦人科再開

2008年7月 産科(部分)再開(=救急なし)

2008年11月 産婦人科医2名着任、4名体制へ

2008年12月 産婦人科予約制廃止

2009年1月 産婦人科救急診療再開(全面再開)

2009年4月 産婦人科医2名退職、1名着任

2009年10月 産婦人科医1名退職、産科救急および婦人科休止

2010年2月末 分娩予約停止(3月末で1名退職予定のため)
-----------------------------------

年譜作成にあたっては私自身の記憶と、手持ちの記録を中心にしています。
ネットで調べたものをまとめなおした訳ではありません。
当時の新聞記事などをリンクしてみましたが、リンク先の記載内容には間違っていることも多々あります。防衛医大の産婦人科講師、助手は「防衛医官」ではないのに、間違ったまま記載しているこの記事などは、ひどすぎると思いつつも、リンクしています。

防衛医大からの医師派遣は有名ですが、産婦人科再開には至らなかったこと、産婦人科医が全国一少ない埼玉県から沖縄に無理に派遣したことによって埼玉県民に多大な迷惑をかけたこと、交通費および滞在費のために多額の税金(沖縄県の支出となっているはずです)が投入されたことなど、一般には知られていません。





以下、年譜を作りつつ思ったこと。

地域住民のみなさん。
みなさんが「あきらめた」・・・としたら、産婦人科の再開はなくなります。
二転三転していますが、どうか、あきらめないでください。

県にまかせるだけで産婦人科は再開しないでしょう。
「産婦人科を再開させてください」と言うだけ、ではダメなんです。
微にいり細をうがって行動していかないと、このご時勢に、産婦人科は再開できません。
(微にいり細をうがって、というのは河合隼雄。←リンク先はpdfファイルです。)

といっても、何をしたらいいのだろう、と思われるかもしれませんが。
そのヒントになるような話を、書いておきますね。
長くなりますが「ある村長の物語」を全文、引用させていただきます。
これを書かれたのは地域医療に献身しておられる外科の先生です。
-----------------------------------
合併前のこと、当町に隣接してK村というのがあった。

隣接しているが、山があるので中心部に行くにはひどく遠回りしなければならなかった。
そこには診療所があった。もちろん手術などできない。手術がしたい盛りの外科医は赴任などしたくない。外勤などいくと自分の病棟がおろそかになる。

そこにはK村長がみえた。村長は診療所に毎日医者が来るようにすることを公約にした。
それから、村長は とにかく一生懸命やった。給与は大したことはなかったが、医師が帰るときはお礼の挨拶におとづれ、花火大会など事あるごとにバーベキューに招待し・・・官官接待というのかもしれないが、お店など使わずに、自宅で自分で汗を流してウナギをとって御馳走してくれた。

皆 次第にこの村長をほうっておけなくなった。そして、外科小児科も含めて毎日医師が詰めるこの規模としては夢のような診療体制が実現したのだ。

しかし、それが実現したころ、この村長は亡くなってしまった。大学からはさまざまな教室から教授クラスが葬儀に参列した。

それから 数年間 この診療所は続いた。皆 村長の事を忘れていなかったのだ。

合併がすすんで、K村はS市になった。

ある日、事務員がやってきて、医者にお昼の弁当出すのはおかしいから有料にするといってきた。あたりに店がないので、前村長はお弁当をだしていたのだ。

皆、それはそうですね・・・と言った。

年度替わりの時に 一斉にすべての科が診療所撤退を通告した。
どんなに条件をあげても 皆 絶対にいかなかった。
自分も嫌だった。

これは、食い物の恨みだろうか・・・そう思うと情けなかったが、どこかなにか違う感覚があった。

今ならわかる。
自分たちが この診療所で診療していたのは、お金のためでもなんでもないのだ。もっと大切なものを受け取っていたからなのだ。
事務員が弁当代をケチった時、皆をつないでいた糸がプツリ・・・と切れてしまったのだ。

この事務員 診療所から医師がいなくなったのは、新臨床研修医制度のためだと、吹聴しているらしいが、少なくとも、この診療所から医師がいなくなった直接の理由は違う。

 今は、我々よりも相当に高額で派遣医師に週一回程度来ていただいているらしいが、本当に医師が欲しいものは金ではないのに、それを金で買おうとするから、高額になるし、高額になってもなかなか医師は来ないし、長続きしない。

自治体サイドに 「使用人ふぜいが・・・」 というところが 見えると、もう駄目だ。

(もちろん、バスにのっていけぱ、ここの住民はS市の大病院までいけるということもあって撤退したわけではあるが・・・。)

亡くなった村長は 実際、大変な低コストて医師達の心を掴んでいた。

あらためて、その村民に尽くした有能さを思う。 

合掌

-----------------------------------

この物語は「地域医療~再生への処方箋」(伊関友伸 著)にも全文掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

妊産婦死亡した方のご家族を支える募金活動

「周産期医療の崩壊をくいとめる会」によって、妊産婦死亡した方のご家族を支える募金活動が行われています。
活動をしている、代表のインタビューはこちらです。

このブログでも何度か書いてきましたが、お産は今でも命がけ、です。
日本で妊産婦さんが死亡する率は世界的に見ても低いのですが、それでもゼロにはできません。毎年、数十人程度の方が亡くなられているのが現実です。
お母さんが亡くなり、赤ちゃんだけが生き残ることも、もちろんあります。

残されたご家族は、どうしてらっしゃるのでしょう。
お母さんを失った赤ちゃんを大切に育てようとしている、ご家族を支援したいと思いませんか。

無事にお産が済んだ、という女性。

身近に「母子とも無事」なお産があった方。

その幸せを、不幸にして亡くなられた妊産婦さんのご家族に分けてくださいませんか。

募金先を、もう一度リンクしておきます。
こちらです。

追記:ロハス・メディカルさんがクリック募金をはじめました。
自分でわざわざ口座振込するのは、という方には、こちらをお勧めします
あなたのクリックが、募金になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

一般向け:子供に語る、福島大野病院事件

前エントリの「子供に語る、福島大野病院事件」ちょびっと反響があったので、細部を修正した「一般向け」を出します。
といっても「一般(の大人)向け」というわけではなく、一般の子供向け、です。
自分の子供のために話した部分を、修正してあります。
一般的な小学生なら理解できるような文章にしたつもりです。

(2008年10月8日 追記)公判終了という結果を受けて少し書き換えました。

子供さん、また、お子さんたち以外が対象でも、福島大野病院事件の概要説明に使っていただけるのなら、本日のエントリは転載可です。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

あるところにね、お腹の大きいお母さんがいたの。
そのお母さんには一人、もう子供がいてね、二人目の子がお腹の中に入ってたの。
一人目の子供はね、お母さんのお腹を切って、お医者さんにとりあげてもらったんだって。

で、そのお母さんはね、次の子を産む時も、同じようにお腹を切って、赤ちゃんをとりあげてもらったの。赤ちゃんは元気に産まれてきて、良かった!おめでとう!ってなったんだけど、そのあと、お母さんのお腹から血が出て、止まらなくなっちゃったの。シャワーみたいにすごい勢いで血が吹き出して、大変なことになったんだって。
それで、なかなか血が止まらなくて、とうとう、そのお母さんは死んでしまったの。

そしたら、そのお腹を切ったお医者さんは警察に逮捕されたんだよ。
そのお母さんが死んだのは、そのお医者さんのせいだ、お医者さんがそのお母さんを殺した、って。

そのお医者さんはね、頑張って血を止めようとしたんだって。
でも、止まらなかった。止められなかった。
そういう時に血を止めるにはね「子宮」っていう、赤ちゃんが入ってた袋を全部、取ってしまうのが一番いいんだよ。
だけど、そのお医者さんは、その前に、そのお母さんと話をしてたんだって。
「あともう一人、子供を産みたいです」ってそのお母さんは言ってたんだって。
お腹を切ったお医者さんは、そのことをおぼえてたんだって。

そのお母さんはね、3人の子供が欲しかったんだろうね。
3人子供がいる、5人家族になりたかったんだろうね。
でも、子宮を取っちゃったら、もう子供を産めなくなっちゃう。

赤ちゃんをとりあげたあと、お腹から血が止まらなくなったとき、すぐに子宮を取れば、血が止まる、っていうのは本当のことだよ。
でも子宮を取ったら、3人目はもう絶対、産めない。
だからお医者さんはギリギリまで子宮を取らないで、なんとか血を止めようと頑張ったんだって。
でも、血がどんどん出てくるのを止められなくて、とうとう最後には子宮を取ったんだけど、遅すぎて、そのお母さんは死んじゃった。

警察は、もっと早く子宮を取ってればそのお母さんを助けられたのに、子宮をなかなか取らなかったお医者さんが悪い、って言って、お医者さんを逮捕して牢屋に入れたんだよ。
警察はね、別のお医者さんに聞いたんだって。
「こんなことがありました。どうしたら、このお母さんを助けられたと思いますか」って。
きかれたお医者さんは「もっと早く子宮を取っていれば、助けられたと思います」って答えて、紙にもそう書いて、警察にあげたんだって。
でもね。
その、別のお医者さんは、そのお母さんとお話、してないからね。
そのお母さんが「もう一人、赤ちゃんを産みたいです」って言ってたの、知らなかったのかも。
警察はその紙をもらって、そのお母さんが死んだのは早く子宮をとらなかったお医者さんのせいだ、って逮捕しちゃった。
だけど、そのお母さんが死んだのは、ぜんぶお医者さんのせいだ、っていうのは、まちがってる。
どんなお医者さんでも、ぜんぶの人を助けられるとは限らない。
悲しいことだけど、お医者さんがどんなに頑張っても、助けられない命が、あるんだよ。

今、日本中で、赤ちゃんをとりあげるお医者さんが少なくなってきてるの。
お腹の大きいお母さんから、赤ちゃんをとりあげる時に、大変なことはいっぱいあって、みんながみんな、無事に産まれるとは限らないし、産んだあとも無事とは限らないの。
でも、それは、全部、お医者さんのせいだってわけじゃないんだよ。
お医者さんが一生懸命に頑張っても、助けられないこともあるんだよ。
お母さんか赤ちゃんかが死んだ時に、そのとりあげたお医者さんが逮捕されて牢屋に入れられちゃうんだったら、赤ちゃんをとりあげるお医者さんがもうとりあげるのをやめたり、赤ちゃんをとりあげるお医者さんになる人が、いなくなったりするんだよ。
でもそれで困るのは次に「赤ちゃんを産みたい」っていう人なのにね。
お医者さんが、わざと殺したんじゃないんだから、逮捕して牢屋になんか入れないで欲しいよ。お医者さんを牢屋に入れても、なんのためにもならない。
赤ちゃんをとりあげる仕事って大事で、それをするお医者さんがいないのって、とっても困るのにね。

お医者さんが牢屋に入れられたあと、裁判っていう、両方の話を聞いてどっちが正しいっていうのがあったんだ。
それで結局「お医者さんは頑張ったけど、そのお母さんを助けられなかった。そのお母さんが死んだのはお医者さんのせいではなかった」ということになって、逮捕されたお医者さんは、牢屋から出られたんだよ。

それは、正しいことで、良かったんだけど。

死んじゃったお母さん、かわいそうだね。
生まれたばかりの赤ちゃんと、もう一人の子供を残して、死にたくなかっただろうね。
お母さんが死んじゃって、子供たちも、お父さんも、かわいそう。

こんな悲しいことがまた起きないようにするには、どうしたらいいのかな。
簡単に答えが出ることじゃない、けどね。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月25日 (月)

子供に語る、福島大野病院事件

ウチの娘、ララ(仮称)は8歳、小2です。
最近、大人の話に耳を澄ませ、口をはさんでくることが増えてきました。
身内との食事の席で「産婦人科のお医者さんが逮捕された事件があって」という話をしていたら、ララが「何?何?」と興味津々で割って入ってきて。

で、なりゆきで、ララに福島大野病院事件の説明をしてしまいました。
かなりデフォルメ入ってるけど、再現してみます。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

あるところにね、お腹の大きいお母さんがいたの。
一人目の子供はね、ララのお母さんがララを産んだ時と同じように、お腹を切って、ララをお医者さんにとりあげてもらったのと同じように、お腹からとりあげてもらったの。

で、そのお母さんはね、次の子を産む時も、同じようにお腹を切って、赤ちゃんをとりあげてもらったの。赤ちゃんは元気に産まれてきて、良かった!おめでとう!ってなったんだけど、そのあと、お母さんのお腹から血が止まらなくなっちゃの。
で、なかなか血を止めることができなくて、とうとう、そのお母さんは死んでしまったの。

そしたら、そのお腹を切ったお医者さんは警察に逮捕されたんだよ。
そのお母さんが死んだのは、そのお医者さんのせいだ、お医者さんがそのお母さんを殺した、って。

そのお医者さんはね、頑張って血を止めようとしたんだよ。
でも、止まらなかった。止められなかった。
そういう時に血を止めるにはね「子宮」っていう赤ちゃんが入ってた袋を全部、取ってしまうのが一番いいんだよ。
だけど、そのお医者さんは、その前に、そのお母さんと話をしてたんだって。
「もう一人子供を産みたいです」ってそのお母さんは言ってたんだって。
お医者さんはそのことをおぼえてたんだって。

そのお母さんはね、3人の子供が欲しかったんだろうね。
ララにもリリとルル(妹と弟)がいるように、三人子供がいる、五人家族になりたかったんだろうね。でも、子宮を取っちゃったら、もう子供を産めなくなっちゃうからね。

お腹から血が止まらなくなったとき、すぐに子宮を取れば、血が止まる。
でも子宮を取ったら、三人目はもう絶対、産めない。
だからお医者さんは子宮を取らないで、なんとか血を止めようとしたんだけど、止められなくて、とうとう最後には子宮を取ったんだけど、遅すぎて、そのお母さんは死んじゃった。

警察は、もっと早く子宮を取ってればそのお母さんを助けられたのに、子宮をなかなか取らなかったお医者さんが悪い、って言って、お医者さんを逮捕して牢屋に入れたんだよ。
警察はね、別のお医者さんに聞いたんだって。
「こんな事件がありました。どうしたら、このお母さんを助けられたと思いますか」って。
きかれたお医者さんは「もっと早く子宮を取ってれば、助けられたと思います」って答えて、紙にもそう書いて、警察にあげたんだって。
でもね・・・その、別のお医者さんは、そのお母さんとお話してないからね。
そのお母さんが「もう一人、赤ちゃんを産みたいです」って言ってたの、知らなかったのかも。
だけど、警察はその紙をもらって、そのお母さんが死んだのは早く子宮をとらなかったお医者さんが悪いんだ、って逮捕しちゃった。

それで、日本中で、赤ちゃんをとりあげるお医者さんが少なくなってきてるんだよ。お腹の大きいお母さんから、赤ちゃんをとりあげる時に、大変なことはいっぱいあって、みんながみんな、無事に産まれるとは限らないし、産んだあとも無事とは限らないの。だから、お母さんか赤ちゃんかが死んだ時に、そのとりあげたお医者さんが逮捕されて牢屋に入れられちゃうんだったら、お医者さんが赤ちゃんをとりあげるのやめたり、赤ちゃんをとりあげるお医者さんになる人がいなくなったりするんだよ。

ララをとりあげてくれたお医者さん二人のうち、一人しかもう赤ちゃんをとりあげる仕事をしてないよ。リリとルルをとりあげてくれたお医者さん二人は、どっちもやめちゃった。赤ちゃんをとりあげるようなお仕事をするお医者さんは、どんどん減ってるの。でもそれで困るのは、次に赤ちゃんを産みたい、っていう人なのにね。逮捕して牢屋になんか入れないで欲しいよ。
赤ちゃんをとりあげる仕事って大事で、それをするお医者さんがいないのって、困るんだけどね。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

うーん。
うまく語りきれてないような気もするんですが、少なくともララは真剣な眼差しで聞いていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

2月18日です

「福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します」

Fukushima_red_2

この事件で亡くなられた方に哀悼の意を表します。
残されてしまったご家族のことも、忘れることはできません。

それでも、なお。
戦うべき相手が間違っている、と思わずにいられないのです。
この事件は、診療にあたった産婦人科医師個人の責任に帰すには、医学的事実からして、あんまりな内容です。
与えられた環境の中で最善を尽くした医師を、結果が悪かったからといって断罪されては、今後、私たち医師は最善を尽くす医療ができません。

2月18日は、2年前、この産婦人科医が不当にも逮捕された日です。
その日以降、逮捕されないための「防衛医療」「萎縮医療」は医療関係者の間に急速な広がりを見せています。
若い世代ほど、その傾向は強いような印象を持っていますが、私自身の中にもその萌芽を感じずにはいられません。

どういう風にか、と言いますと・・・たとえば。
以前なら純粋に「患者さんのために、慎重にしなきゃ」と考えていたことが
「自分が訴えられないために、慎重にしなくちゃ」となってきています。

どっちみち、慎重なのは良いことでは、と思いますか?
いえ、そうとばかりは言えないのです。
「自分が訴えられないため」の慎重さ、と「患者のため」の慎重さ。
この二つが、本当に、どこまでも同じだと思いますか?

話は少し変わりますが、つい先日のことです。
患者の立場を医学生にも伝える、という講義をしている方から聞いた話です。
大学での講義の際、学生に「どんな医師になりたい?」と尋ねたら

『訴訟で訴えられないような医師になりたい』

という答えが返ってきたそうです。
医学部3年生にして、理想の医師像が「訴えられない医師」。
「患者のために一生懸命、頑張る医師」ではないのです。
若い人ほど、時代の趨勢には敏感です。
「訴えられない医師になりたい」という医学生ばかりの国で、本当にいいのでしょうか。

大野病院事件は、この国の、この時代を象徴するような事件です。
私は、逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ、支援します。

PS:大野病院事件についてご存知ない方のために、リンクしておきます。
「産科医療のこれから」大野病院事件 目次 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年12月 5日 (水)

大野病院事件第10回公判速報より

ロハス・メディカル・ブログからの引用です。

>私は知らなかった。
>胎盤を剥がした後の子宮が
>傷をつけなくても1分間に500cc出血する臓器であるということを。
>おそらく多くの方が同じでないか。
>検察の見立ても、大量に出血したからには傷をつけたに違いない
>というものであっただろう。

>医療者にとっては常識なのかもしれないが
>誰かが最初からそのことを説明してくれていれば
>話がここまでややこしくなることもなかっただろうと思うのである。
>おそらく検察側も
>自分たちの見立てが根本からナンセンスであることに
>間違いなく気づいたと思う。

なんというか・・・ショックでした。
「患者と医師をつなぐ」ロハス・メディカルの川口さんがこの内容を書いている、ということも含めて。

胎盤が剥離した後の子宮が復古不全、収縮不全状態であれば大量の噴出するような出血があって当然、と医師であれば考えます。
少なくとも私は漠然と、ですが、そういう状況を想像していました。
毎分500cc、という具体的な数値は知らないけど、とにかく大量出血、と。

でも今回、池ノ上教授が説明するまで、誰もこのことを、非医師が理解できる言葉で、説明していなかった。何人もの医師が証言していたのに。

シャワーヘッドがオープンになったような(出血)、というのはすぐれた比喩です。
池ノ上教授はもちろん経験も豊富で、その上に準備に準備を重ねて、この比喩を採用し、今回の明解な説明を作り上げたのでしょう。

それにしても…この齟齬は、大きいですね。
医療を行う上で、医師の立場では前提となっている「常識」を言語化することの困難さを改めて感じました。こんなことで気後れしていてはダメなんですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (1)