2008年2月17日 (日)

この世でもっとも悪いもの

「割りばし事故」を題材としたAtsullow-s caffee先生のブログの記事にお答えする形で。

>亡くなった隼三くんが正義の味方であるなら、「悪」 とはいったい誰のことを指すのでしょうか?

この場合の「悪」は「死」です。
「死」に、ほかなりません。
もちろん親でもなく、かといって医療者でもなく。
隼三くんが避けることができなかった、そして私たちの行く末にも待っている、
「死」です。

ほかに、あるでしょうか?
ありません。

痛ましい思いで、お母さまのコメントを読みました。
大切なお子さんを失った悲しみを、医療者への訴訟という形でぶつけておられるご遺族。
本当に、お気の毒です。
言葉を失います。



古代メソポタミア神話を題材にした「ギルガメシュ王のたたかい」という絵本があります。
その最後のページの、途中から終わりまでを引用します。

-------------ここから引用-------------

「死こそ、この世で、もっとも悪いかいぶつだ。」とギルガメシュは思いました。
「死が、エンキドゥを我からうばいさった。
 いつの日か、死は、我を人びとからうばうだろう。
 死こそ、ほろぼすべきもの。
 死にうちかつ方法をみつけなければならぬ!」

「我は行く。永遠の命をえるひみつをもとめて。
 それが、わが最後の旅となるであろう。」

-------------引用ここまで-------------

第1巻「ギルガメシュ王ものがたり」でエンキドゥという無二の親友を得た強大な王、ギルガメシュ。
王は、第2巻でその親友の死に遭遇します。
そして上記のごとく永遠の命を求めた旅が、第3巻「ギルガメシュ王さいごの旅」。

その旅がどう終わるのかは、ここでは説明できません。
興味を持たれた方は、ぜひ本を手にとって読んでいただきたく思います。

ボランティアで行っている小学校の読み聞かせで、この1年、ずっと使っている本のシリーズです。
小学校3,4年生から理解できるようですが、最も反応が良いのは5,6年生。
家で読んで聞かせるなら、3,4歳児でも何かを感じているようです。
子供から大人まで堪能できる絵本だと思います。

ギルガメシュ王ものがたり bk1 amazon009559540000

ギルガメシュ王のたたかい bk1  amazon01063920

ギルガメシュ王さいごの旅  bk1 amazon
01216222

| | コメント (4) | トラックバック (0)