« 2020年5月 | トップページ

2020年7月18日 (土)

名桜大学における新型コロナウイルス感染症対策に係る用語の定義と接触者の受講について

久しぶりの更新です。長ったらしいタイトル、ご容赦ください。

 

さて、名桜大学では新型コロナウイルス感染症対策を行いながら対面授業(学生が来学しての講義)を実施しています。

対面授業の開始前に定めた(というか私がお役目上、原案を作成し関係者と調整して大学での承認を受けた)文書を、こちらで公開します。下のリンクからダウンロードできます。(pdf,494kb)

ダウンロード - e5908de6a19ce5a4a7e5ada6e381abe3818ae38191e3828be68ea5e8a7a6e88085e381aee5ae9ae7bea9e3818ae38288e381b3e58f97e8ac9be381abe381a4e38184e381a6.pdf

少し解説します。

名桜大学では「濃厚接触者」を「一次接触者」とし、濃厚接触者に濃厚接触している人を「二次接触者」と定義しています。

例として、学生さんが同居しているご家族が勤務先で新型コロナウイルスの患者と接したならば、ご家族が「一次接触者」、学生さん本人は「二次接触者」となります。

そして受講に際して、名桜大学では「二次接触者」を「非接触者」と同じに扱います。

まぁ、それだけの話です。この定義と扱いは、現在も名桜大学において有効です。

なおこれを定めた後、厚生労働省での新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領が更新されましたが、最新版(5月29日付)は「感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、一部地域には小規模患者クラスター(集団)が把握されている状態」を想定し「無症状病原体保有者」の扱いについて主に定めています。これは現時点までの当地(沖縄本島北部地域)における状況とは異なりますので、名桜大学での定義は変更していません。

また、沖縄県内では米軍基地内での患者クラスター(集団)が確認されていますが、幸いなことに地域内で「感染経路が明らかではない患者が散発的に発生する」という状態は7月18日現在、確認されていません(今後もそうならないことを願っています)。

ですけれど接触に関する問い合わせは多いため、名桜大学の保健センターからお返事している内容をQ&A形式でこちらに載せておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

注)以下のQ&Aは質問者として名桜大学の学生または教職員を想定しています。学外者からの質問は想定していませんのでご注意ください。

Q1:家族が米軍基地内で働いています。私は大学構内に立ち入らない方が良いですか?
A1:いいえ、来学可能です。
 もしご家族がPCR検査対象となった場合、保健センターにご一報いただけるとありがたいです。
(※検査対象のご家族が一次接触者、本人は二次接触者となりその場合も来学可能です。ご家族の検査が陽性であれば、本人は一次接触者となり、2週間の健康観察となります。)

Q2:米軍基地の中で実施された英会話スクールに参加しました。私は自宅待機の対象者ですか?
A2:はい。2週間の健康観察と、遠隔授業をお願いします。(Q3&A3参照)

Q3:アルバイト先でアメリカ人と接する機会がとても多いです。私は大学に来て良いでしょうか?
A3:アルバイトの場所が、米軍基地の中であるか、米軍基地の外であるかで異なります。
  米軍基地の中であれば、現在の在沖米軍基地は移動制限がありますので、国内感染流行地(市町村)または海外流行地と同様に考えて、2週間の健康観察期間、自宅待機をお願いします。※「6/15更新【学内者向け】名桜大学新型コロナウイルス感染症拡大予防のためのガイドライン」には、 流行地への渡航について定められています。
  アルバイトの場所が米軍基地の外であるならば、保健所によるPCR検査の対象者となるかどうかが一つの目安となります。(濃厚接触が疑われれば保健所から検査を求められます。)心配であれば、保健センターにご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

上記のQ&Aは「米軍・アメリカ人」を例にしていますが、県外の都道府県から来る観光客、もしかしたら国外からも来るようになるかもしれない観光客との接触についても、これに準じた扱いとなる予定です。

本格的な流行を経験していない当地でも感染者、濃厚接触者を差別するような雰囲気が生じつつあり、そのような雰囲気を危惧しています。

過度に怖がる、忌避するのではなく、また相手の属性等による先入観で決めつけながら考えるのではなく、現実を見据えつつ「拡げない」対策を実施したいものです。

全国ニュースなどでは、どうしても人口の多い地域、患者が多発している地域のことばかりが報道され、当地のような人口密度が低く患者も少ない地方、辺境の大学では状況が異なり、独自に定義せざるを得ないことが多々あります。

以上、当地のみならず他の地域の大学関係者や、今後の入学を検討している高校生のみなさんに、こういう情報は参考になるかと思い、情報提供いたしました。少しでも参考になれば幸いです。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ