« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月24日 (火)

皮膚の蛍光染色

久しぶりに皮膚の蛍光染色がありまして、調べたことをココにも転記しときます。
あくまでも当院での実際、ってだけの話です。
駆け出しの病理医さんとかの、参考になるといいのですが。
----------------------------------
用いる抗体:腎生検の蛍光染色と同様
IgA, IgG, IgM, C1q, C3, C4, Fib

どういう疾患で、何がどこに染まるか?

・天疱瘡、類天疱瘡:IgG(表皮細胞)

・SLE:IgM, IgG, etc.

・HSP:IgA(血管壁、真皮)

・Urticarial vasculitis:IgG(血管壁),C3

・Lichen planus:Fib, IgM, C3
----------------------------------
なお、蛍光所見だけでは診断しない、のはもちろんです。

久しぶりの更新なのに、実に専門的な話だけで、失礼しました。
とりいそぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »