« 腎生検のイメージ&実体顕微鏡下の図 | トップページ | 難しい標本に遭遇したとき »

2010年5月23日 (日)

もしも病理医がいなかったら?

「ナイチンゲール」を読んで看護師になりたいと言っていた娘(10歳)が、最近は「病理医になろうかな」なんて言っています。

親としては、嬉しい半分、困惑半分、です。
どうして考えが変わったの?と聞いてみました。
娘いわく、今年の医局新年会に連れて行かれた時に(ええ、連れて行ったのは私です)、副院長先生に「大きくなったら何になりたいの」と尋ねられ「看護師、人を助けたいから!」と答えたら「看護師になっても人を助けられるけれど、お医者さんになったら、もっともっと人を助けられるよ」と言われたのがきっかけだそうで。
娘にとって身近な「お医者さん」は病理医なので、病理医になろうかなー、と言ってるようです。(っていうか、他のお医者さんの仕事をよく知らないから?)
病理医の仕事はおおまかに説明してあり、トリセツ・カラダを書いたのも病理医だよ(海堂先生……書かれた当時は病理医でしたよね)と話したのも、トリセツ・カラダをかなり気に入ってる娘には良いイメージになったようです。

で、ある日「もしも病理医がいなかったら、どうなるの?」とその娘に質問されました。
これはストレートな質問だ!と、めいっぱい力説しようとしたら、宿題まっ最中のもう一人の娘から「おかあさん、うるさい!宿題のじゃま!」と恐ろしい苦情が。
じゃあサイレントに、と、私なりの回答をPOMERAでガーーっと作成し、娘に読ませました。
それが、以下の文章です。なんだか悪い翻訳文のような、ぎこちない文章ですけど。
---------------------------
もしも病理医がいなかったら?

もしも病理医がいなかったら、
 ガンを早いうちに見つけることも、
 ガンの広がりを正確にとらえてきちん治療することもできない。

もしも病理医がいなかったら、
 ガンじゃない人を、ガンのおそれがあるからといって治療することになったり、
 本当はガンの人を、ガンとはっきりさせることができなくて、治療が手遅れになったりする。

もしも病理医がいなかったら、
 ガンかどうかわからないままに手術をしたり、
 抗ガン剤(髪の毛がぬけるなどの副作用が強い)の治療をうけなくてはならない人たちがいっぱい出てくる。

 今も病理医がいない病院では、ガンの手術を「広めに」するしかない。
 胃ガンで手術をする人の胃を半分残したり、
 乳ガンで手術をする人の乳房の一部分だけを切ったりできるのは、
 切った部分のはじっこに「ガンがない」と病理医が(手術中に)顕微鏡で診断するから。
 病理医がいなかったら「全部切る」しかない。

もう一つ、病理解剖ができなくなる。
 病院で治療を受けたけれど、亡くなってしまう人は決して少なくない。
 人はみんな、いつか死ぬ。
 でも、病理医がいないと解剖して調べることができなくなる。
 生きているうちにした治療がそれで良かったのか、
 もっとできることはなかったのか、
 この次に同じような病気の人があらわれたらどうしたらいいのか、
 病理解剖ができなくなると、わからなくなる。

 病理医は、患者さんには直接会わないかもしれないけれど、
 患者さんを助けるために大切な仕事をしている。
 アメリカでは「お医者さんのお医者さん」と呼ばれることもある。
 病理医が他のお医者さんたちの手助けをしてることが、いっぱいあるから。

もしも病理医がいなくても、人は生まれてきて、病気になり、最後は死ぬ。
もしも病理医がいなかったとしても、世界はまわっていく。
でも、もしも病理医がいなかったら、
世の中の人たちは、もうちょびっとだけ、不幸せになる。

 ちょびっとだけ、不幸せになる人が、一人でも少なくなって欲しい。
 お母さんはそう願って、病理医の仕事をしている。

|

« 腎生検のイメージ&実体顕微鏡下の図 | トップページ | 難しい標本に遭遇したとき »

コメント

じんわりと感動してしまいました.

病理医の先生がいなかったら?ホント
困る事ばかりです.

救急医療をしていても,やっぱり病理の
先生がいてくれるのは安心ですもの.

娘さん,かわいいですね!

投稿: ぱーと救急医 | 2010年6月 4日 (金) 12時51分

きっと先生が、毎日をいきいきと過ごされ、周りの人たちから、感謝されたり、慕われていらっしゃる様子を見て、娘さんは、「病理医になりたい」っておっしゃられているのでしょうね。病理医になりたいっていうより、「お母さんみたいになりたい」が本心かもしれませんね。

娘さんの愛読書「トリセツ・カラダ」、早速、検索いたしました。

とっても興味が湧いたので、即、購入いたしました。
5歳の娘も、一緒になって読むと思います。

ナイチンゲールは、看護師の話と思っていましたが、鳥の名前なんでしょうか?

絵本で検索したら、両方でてきました。

こどもにも理解しやすい、医療や生死について書かれているお勧めの本がございましたら、ぜひ、ご紹介くださいね。

------コメントありがとうございます、slummyです。

本文中に書いたナイチンゲール、は看護師です。ウチの娘は図書館から借りてきて読んでいました。

子供さんたちへのお勧め絵本については、別ブログ(・・・育児ブログ)がありまして、そちらに何冊か、書いております。医療の本も含まれています。
興味がおありでしたら下記のURLをどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/slummy/c/964583414bda87dcfa316f218dc7969d

「生死」についてであれば、「さよならエルマおばあさん」・・・5歳のお子さんにはちょっと早いかもしれませんが。

それから、個人的なお勧めは「どうしてこんな気持ちになるの?」Amazonで中古がお安く入手できるようです。

投稿: 桐kun | 2011年3月24日 (木) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしも病理医がいなかったら?:

« 腎生検のイメージ&実体顕微鏡下の図 | トップページ | 難しい標本に遭遇したとき »