« 誤診はゼロにできない | トップページ | 保育園で話したこと »

2010年4月28日 (水)

「こどもの病気とのつきあいかた」原稿

「こどもの病気とのつきあいかた」というタイトルで、ウチの子達がお世話になった保育園で話をさせてもらうことになりました。
2歳児クラスの保護者会の後に、15分程度で、ということでお話しする予定です。

どういう話をするか、を考えている最中です。
話したいことを考えてると、私の散漫な頭には思いつくことがあれこれ次々と・・・。
病理学会に出るために乗った飛行機の中で、いっぱいメモができました。
その一部をここに載せておきます。

とりとめもない内容ですみません。
15分で終わるよう、これから内容を整理し、削りまくる予定です。
---------------------------
「こどもの病気とのつきあいかた」

これから、一つ、みなさんに質問をします。
「はい」か「いいえ」のどちらかに必ず、手を挙げてくださいね。
できるだけ正直にお願いしますよ。

質問:保育園からお子さんが病気なので、引き取りにきてください、と電話がかかってきました。電話を切ったあと「ああ、子どもをすぐ病院につれていかなくちゃ」と思いますか?

   はい  いいえ

「はい」の人は子どもを大切にしている、子ども思いの保護者さんです。
そういう気持ちはとても大事ですから、お子さんを大切にする心を、これからも持ち続けてくださいね。
ですけれど、別の見方をすれば、「病院につれていけば子どもの病気を治せる」「子どもが病気になってもすぐに治すことができる」と考える傾向が、やや、強いかもしれません。

それが悪いと言いたいのではありません。
ただ「自分にはそういう傾向があるかもしれない」ということは、心にとめておいてくださいね。

実際には、病院に行けば早く治せる病気もあるけれど、すぐには治せない病気もある(コントロールできる病気と、できない病気がある)というのは、みなさん、よくおわかりだと思います。

「いいえ」の人は・・・あえて正解を一つ、というのなら、どちらかといえばこちらが正解に近いんじゃないかと私は考えています。
病院に連れて行く前に、することがある、という意味です。

親が、自分の目で実際に子どもを見て、声をかけて、子どもの様子や反応を観察すること。
親が、自分の手を子どものオデコ(うなじ、の方が熱はわかりやすいかも)に当ててみて、子どもの熱の程度を実感すること。

それをしてから、病院に行くかどうかを決める、というのが正解じゃないかと思うんです。
保育園からの電話連絡だけで「病院に行く」と決めるのは早すぎる、と私は考えています。



大原則:

 家で看病できる病気はたくさんある。
 家で大丈夫、と思える状態の時は家で。
 急いで病院に行ったから早く良くなる(保育園に預けられるくらい元気になる)という病気はホントは少ない

たとえば・・・
 熱が高い、と保育園から連絡があった

 迎えに行ってみたら、熱の割には元気
 (全身状態が良い)
 水分を飲めている(脱水のおそれがない)
 おしっこがちゃんと出ている
 (脱水状態だとおしっこが出なくなる)

 熱が出始めた最初の日にこれなら、とりあえず、心配のない熱。
 たとえ40度の熱であっても、急いで病院を受診する必要はありません。
 翌日まで様子をみても大丈夫。


保育園から連絡があった時に、ソッコーで決めなくてはならないこと、というのは実は一つだけ。親の仕事のこと。
誰が保育園に子を迎えに行くか。
そしてたぶん休むことになる明日の仕事はどうするのか。
・・・という問題だけ。これは子どもの問題ではなく、親の問題。
でもとても大きな問題。

誰が迎えに行くか?=日頃から話し合っておく
・親のどちらか(シングルの方、すみません)
  どちらか一方ばかりにしない。夫婦は平等。
・おじいちゃん、おばあちゃん
・それ以外の人

注:自分が迎えに行かないのなら、身内であっても「(お迎えに行ってくれて)ありがとう」という一言を絶対に、忘れずに。忘れると次に行ってもらえなくなるかも。

こどもの病気で仕事に穴をあけてもクビにされないために。

「いてもいなくてもいい人」を目指さない(急な休みが多い → クビ)
「仕事がデキる人」を目指す(いないと困る、いるとありがたい人になれば、突然、休むと迷惑 → ありがたみがわかる、急に休んでも他の日に仕事に貢献することでフォロー)

・日頃の働きぶりが大事
・急に休むことになって申し訳ない、と言葉と態度で表現する、その姿勢を崩さない
・ただし「ここぞ」という時はカンペキに決めてみせる

・仕事上でブレイクするのは10年後、と考える(by 日垣隆)

|

« 誤診はゼロにできない | トップページ | 保育園で話したこと »

コメント

きちんとした対応をまとめていただき、これだけで患者教育の教材になりそうです。妊婦さんに母親教室のとき、渡したらどうかな。

投稿: 山口(産婦人科) | 2010年5月 6日 (木) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こどもの病気とのつきあいかた」原稿:

» 子供の病気.com [子供の病気.com]
子供の病気についての詳細情報 [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 23時50分

« 誤診はゼロにできない | トップページ | 保育園で話したこと »