« 古代ギリシャの墓碑(2) | トップページ | 病理医は病理解剖をなんと思っているか »

2009年4月13日 (月)

沖縄県の公立病院の現状について

上記のタイトルで、「地域医療の未来を考える懇話会」という会で発表してまいりました。
東京で開かれた50人規模の会合です。私の発表時間は15分。
世話役が旧知の間柄だったために私が発表することになった…というので大筋は間違ってないと思います。
その発表内容の概要を、こちらでも紹介したいと思います。
ネットからお借りしたスライドばかりなので、できるだけ借用元にリンクしつつ。
2
まずはこれ。この前提がないと話がしにくい。
私は一勤務医に過ぎませんので、その立場から見た、井の中の蛙による井戸の中の話です、という前提で、話をさせていただきました。

3 この画像はこちらにあったものです。
地理的な位置から、沖縄を中心にみると九州と台湾が同じくらいの距離で、東京や大阪はフィリピンと同じくらい、なんですね。

4 東京に那覇を置いてみた地図です。
(これはかつてこちらからのリンクで入手したものですが、現在はリンク切れになってしまっていますね・・・)
沖縄県って広い範囲に点々と島がある県だ、というのがわかると思います。この地図は後でもう一回、出てきます。

5 沖縄の公立病院の現況について話してくれ、ということだったのですが、沖縄の公立病院というのは図のように6病院。県立病院が大半です。
私は県立病院勤務ですし、主に県立病院の話をさせていただきました。

6 まぁ大体、こんな流れで話をしますよー、というスライドです。


最初は沖縄県立病院の分布から。8
この画像はこちらからお借りしたものです。




10私の勤務先からも画像をお借りしてます。
各県立病院には離島診療所が附属していること、沖縄県の人口はおおよそ130万人だが、その約9割が本島中南部に集中しているといわれていること(当院の診療圏は本島の半分以上の面積だけど人口密度は低い)などを説明しました。

11 これは県庁のこちらから拝借(35ページ)。
23ある離島へき地診療所のうち16は県立病院の附属となっています。

12さて、これが今回の発表で私が最もお勧め!というスライド。赤い点が県立病院の分布、青い点が離島診療所の分布です。
どれだけ広い範囲に点々と病院や診療所があるのか、よくわかるでしょう。北部病院がつくば市ぐらい、宮古病院は愛知県の渥美半島、石垣島にある八重山病院は奈良県にある、というぐらいの遠さです。

13 ということで、分布についてのまとめ。

15 次は歴史です。これはこちらこちらなどからまとめました。詳しくはスライドやリンク先をご覧ください。

19 医師供給源、というか、沖縄県立病院の医師はどこから来ていたのか、という話です。

21 県立病院の長所というか、優等生?(どうしても私はクエスチョンマークをつけてしまう…)というところです。

優等生、という表現はこちらから。(13ページ)

22 沖縄県の人口10万人あたりの医師数がどう推移しているか、というグラフです。これも沖縄県庁のこちらから(リンク先はマクロソフト・エクセルの表です、ご注意を)。

ずっと全国平均よりも医師数が少なかった沖縄が、平成16年から19年の間に全国との差をつめてきています。医師が増えている、ということ。

23 その理由は、医師臨床研修じゃないか、というのが私の仮説です。医師臨床研修の義務化が平成16年(マッチングはその前年)に開始しています。マッチング協議会(http://www.jrmp.jp/)が公表している資料をもとに、毎年の都道府県別マッチ率(マッチ者数/募集定員)ってのを計算して、上位5地域の年次推移をみました。沖縄は常に上位5地域の中に入っています。臨床研修を受けるため、他県から研修医が流入している、というのが私の理解です。

臨床研修義務化で、医学部を卒業したばかりの医師(=臨床研修医)が、都会の病院、都市部の病院に集まっている、と言われています。でもそれは間違いでしょう。
研修医(マッチング当時は医学生)は、自分が良い医師になれるような研修病院を選ぶ傾向があります。沖縄の臨床研修病院は、県立中部病院の臨床研修制度に追いつき追い越せ!の精神で、臨床研修医教育に非常に力を入れています。沖縄の臨床研修病院であればどこであっても一定水準以上の臨床研修医教育を行っている、と私は思っています。他県から見学にきた学生さんの話を聞いて、そういう印象を持っているのです。

24

「沖縄にきた研修医は沖縄に残らず、臨床研修が終わると他県に出て行くらしい」という説もあります。これは全県的なデータはないので、自院の臨床研修医について、2年間の研修修了後の就職先が県内であるか、県外であるか、を調べてみました。(調べるというか、人数が少ないので一人ひとり思い出せる…。)研修修了時点での残留率は55%です。これは決して低い数字ではないと思います。

25 これは、こちらの2ページ(pdfファイルとしては3ページ目)の表を見やすくするために病床利用率と平均在院日数を抜書きしたものです。

26 それから、救急搬送について。出典はこちら。(24ページ、pdfファイルとしては26ページ目)

沖縄では県立病院が救急車を断らない、ということになっています。メディカルコントロール(救急隊と救急病院との連携)も、県内は良好…だと私は思ってます、専門外の分野なので詳しく内情を知っている訳ではありませんが、うまく機能しているように思えます。

28
さて、欠点というか、劣等生である部分も列挙してみました。


29

これは伊関先生の資料から。(6ページ、pdfファイルの7ページ目)


30

そして、以前のフォーラムでも使った画像です。


33 最後に、県立病院改革の話をしました。



34 このスライドに挿入した写真はこちらのものです。
リンク先の新聞記事も、読んでみてください。



35 地元マスコミによる報道によって、県立病院問題は県民に広く知れ渡りました。しかし、正確でない報道もあり、誤解が生じているのは残念です。



そして最後のスライドです。36

|

« 古代ギリシャの墓碑(2) | トップページ | 病理医は病理解剖をなんと思っているか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県の公立病院の現状について:

» ナオミのブログ♪ [ナオミのブログ♪]
ナオミのブログ♪ [続きを読む]

受信: 2009年4月13日 (月) 01時44分

» 医療は大切な社会基盤です☆医療志民の会シンポジウムに参加して☆ [東京日和@元勤務医の日々]
 一昨日は、「地域医療の未来を考える懇話会」と「医療志民の会」に参加してきました。色んな先生に会うことができました。  特に沖縄では「たらい回しが存在しない」という事実と、県立病院の病床稼働率が97%...... [続きを読む]

受信: 2009年4月13日 (月) 03時51分

« 古代ギリシャの墓碑(2) | トップページ | 病理医は病理解剖をなんと思っているか »