« 古代ギリシャの墓碑(1) | トップページ | 沖縄県の公立病院の現状について »

2009年4月 1日 (水)

古代ギリシャの墓碑(2)

趣味のブログを続けます。
ギリシャの国立考古学博物館で、私が最も心を動かされた展示を紹介します。
Img_2752







若い女性が裸の男の子に鳥を手渡そうとする姿が描かれた彫像です。
男の子は膝をつき両手を差し伸べて、小鳥を受け取ろうとしています。
Img_2754







乙女の端正な横顔には朗らかな微笑みが浮かび、
交差する二人のまなざしからは確かな信頼と相互への愛情が感じられます。
娘の手首から流れる衣装の襞も美しく。
Img_2755







最初、見た時には女神とその属神かと思いました。
まず連想したのは美と恋愛の女神アフロディーテ(ビーナス)とその使いエロス(キューピッド)。
しかし、豊満な肉体の持ち主であるはずのアフロディーテとしてはあまりに清楚。
胸のラインなども衣装に隠れて明らかではありません。
アフロディーテよりは月の女神アルテミスの方がイメージにあっているかも。
それに、この男の子は5~7歳くらいの姿をしていますが、エロスはもっと幼い姿で描かれることが多いですし、この男児にはエロスにあるはずの背中の羽もありません。

同じ国立考古学博物館で、他の部屋に展示されていたアフロディーテとエロス、パンの群像は、こんな感じです。時代も300年ほど後のものですが、雰囲気はかなり異なります。
Img_3115







女神の名を確かめるつもりで解説を読み、愕然としました。

Img_2756
これは墓碑。
ムネサゴラ(姉)とニコカレス(弟)という姉弟の死を悼んだ両親によって立てられた、と彫像の上の碑文に彫られているそうです。

ということは、二人とも死者。
黄泉の国で一緒にいる姿を描いた、ということなのでしょうか。
暗い黄泉の国、というよりは、明るいあの世、天国?
それとも生前の姿なのでしょうか。
ともかく・・・

  弟(手をさしのべながら)「おねえちゃん、その鳥、ぼくにちょうだい」
  姉(優しく微笑んで)「いいわよ、はい、どうぞ」

・・・という二人の死者の交流を描いた墓碑だなんて。
もう一度、全体の画像を出しておきます。
Img_2757
姉はおそらく12~18歳、弟は上にも書いたように5~7歳でしょう。
二人の子を失った両親の嘆きが、この美しい大理石の彫像に隠されています。
どのような思いで、この墓碑を作り(完成品を購入したという説もあるそうです)
この碑を見つめて何を思ったことでしょう。
両親の思いは時を越えて、この碑を見た私の心を揺さぶったのでした。

もしギリシャ、アテネにある国立考古学博物館に行く機会があったら、ぜひこの碑をご覧ください。実物には私の撮った写真では決してあらわせない迫力があります。
観光案内にはこの墓碑は紹介されていませんが、見て損はないと思います。
ガイドブック等に必ず載っているのはその近くに展示されているデーメテール(豊饒の大地女神)の秘儀とやらですが、そちらの良さは私には理解できませんでした。
この墓碑の方がはるかに美しい、と私は思いました。

国立考古学博物館にはこのように、美しく、悲しい墓碑が、いっぱいありました。


参考サイト
アテネ/パルテノンと考古学博物館」広島大学、長田年広氏による講演録

|

« 古代ギリシャの墓碑(1) | トップページ | 沖縄県の公立病院の現状について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代ギリシャの墓碑(2):

« 古代ギリシャの墓碑(1) | トップページ | 沖縄県の公立病院の現状について »