« Aiについての個人的な要望 | トップページ | カッテージチーズと乾酪壊死 »

2008年4月17日 (木)

細胞の「顔」をみる

病理医である私が顕微鏡でのぞいているのは「一つ目の国」です。
そこには、目(核)が一つの顔(細胞)ばかり。Cyto1

Cyto2






両目がある(核が2個ある)細胞をみつけると
「おっ?バケモノ(ガン細胞)出現?」
と思います。
注)すべての多核細胞がガン細胞、という訳ではありません。

Cyto3 Cyto4








目がもっとたくさんある細胞が出てくることもあります。
「うっぎゃー、怪物(すっごく悪性のガン細胞)が出てきた!!」
と思ったりします。

Cyto5










悪そうな顔をしている、本当に悪い細胞もあれば
一見、そんな悪そうな顔ではないのに、
細胞の性質としてはタチが悪い細胞もあり、
悪人面(あくにんづら)なのに、ガン細胞ではない、良性細胞もあります。

昨日、子供たちと見てきた映画(仮面ライダー電王&キバ)で、悪人面というだけで道をゆく人たちに次々と手錠をかけてタイホしちゃう楽しいシーンがあったので(娘の一人は笑いながら「リュウちゃん、やりすぎ~」と言ってました)こんなエントリを書いてしまいました。

病理医は、細胞の顔だけ見て、悪人かどうか(ガン細胞かどうか)を診断します。
正確には一つの細胞の顔だけを見ているのではなく、周囲の細胞の状態(仲間が周囲にいる?隣の人は迷惑そうな顔してる?殺された人はいない?などなど)も読み取った上で、診断するんですけどね。

今回、画像として出したのは、お腹の中を覆っている腹膜表面の中皮細胞。すべてHE染色、撮影はNikon Coolscopeで、もともとの倍率は400倍です。
すべて、細胞の名称は「反応性中皮細胞」。悪性中皮腫との鑑別が問題になります。
悪人面の細胞もあるけど、この人(細胞)たちは悪性ではありません。

|

« Aiについての個人的な要望 | トップページ | カッテージチーズと乾酪壊死 »

コメント

 なるほどー☆参考になります♪

投稿: skyteam | 2008年5月 9日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細胞の「顔」をみる:

» がん細胞 [よっしぃの独り言]
がんと診断されるとは、どういうことでしょう?一部のがんは、画像だけで診断するのですが、ほとんどの場合は、病理の医師が、組織や細胞を顕微鏡で見て判断します。では、正常な細胞、組織とがん細胞、組織は簡単に...... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 00時15分

« Aiについての個人的な要望 | トップページ | カッテージチーズと乾酪壊死 »