« 2月18日です | トップページ | 一般向け:子供に語る、福島大野病院事件 »

2008年2月25日 (月)

子供に語る、福島大野病院事件

ウチの娘、ララ(仮称)は8歳、小2です。
最近、大人の話に耳を澄ませ、口をはさんでくることが増えてきました。
身内との食事の席で「産婦人科のお医者さんが逮捕された事件があって」という話をしていたら、ララが「何?何?」と興味津々で割って入ってきて。

で、なりゆきで、ララに福島大野病院事件の説明をしてしまいました。
かなりデフォルメ入ってるけど、再現してみます。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

あるところにね、お腹の大きいお母さんがいたの。
一人目の子供はね、ララのお母さんがララを産んだ時と同じように、お腹を切って、ララをお医者さんにとりあげてもらったのと同じように、お腹からとりあげてもらったの。

で、そのお母さんはね、次の子を産む時も、同じようにお腹を切って、赤ちゃんをとりあげてもらったの。赤ちゃんは元気に産まれてきて、良かった!おめでとう!ってなったんだけど、そのあと、お母さんのお腹から血が止まらなくなっちゃの。
で、なかなか血を止めることができなくて、とうとう、そのお母さんは死んでしまったの。

そしたら、そのお腹を切ったお医者さんは警察に逮捕されたんだよ。
そのお母さんが死んだのは、そのお医者さんのせいだ、お医者さんがそのお母さんを殺した、って。

そのお医者さんはね、頑張って血を止めようとしたんだよ。
でも、止まらなかった。止められなかった。
そういう時に血を止めるにはね「子宮」っていう赤ちゃんが入ってた袋を全部、取ってしまうのが一番いいんだよ。
だけど、そのお医者さんは、その前に、そのお母さんと話をしてたんだって。
「もう一人子供を産みたいです」ってそのお母さんは言ってたんだって。
お医者さんはそのことをおぼえてたんだって。

そのお母さんはね、3人の子供が欲しかったんだろうね。
ララにもリリとルル(妹と弟)がいるように、三人子供がいる、五人家族になりたかったんだろうね。でも、子宮を取っちゃったら、もう子供を産めなくなっちゃうからね。

お腹から血が止まらなくなったとき、すぐに子宮を取れば、血が止まる。
でも子宮を取ったら、三人目はもう絶対、産めない。
だからお医者さんは子宮を取らないで、なんとか血を止めようとしたんだけど、止められなくて、とうとう最後には子宮を取ったんだけど、遅すぎて、そのお母さんは死んじゃった。

警察は、もっと早く子宮を取ってればそのお母さんを助けられたのに、子宮をなかなか取らなかったお医者さんが悪い、って言って、お医者さんを逮捕して牢屋に入れたんだよ。
警察はね、別のお医者さんに聞いたんだって。
「こんな事件がありました。どうしたら、このお母さんを助けられたと思いますか」って。
きかれたお医者さんは「もっと早く子宮を取ってれば、助けられたと思います」って答えて、紙にもそう書いて、警察にあげたんだって。
でもね・・・その、別のお医者さんは、そのお母さんとお話してないからね。
そのお母さんが「もう一人、赤ちゃんを産みたいです」って言ってたの、知らなかったのかも。
だけど、警察はその紙をもらって、そのお母さんが死んだのは早く子宮をとらなかったお医者さんが悪いんだ、って逮捕しちゃった。

それで、日本中で、赤ちゃんをとりあげるお医者さんが少なくなってきてるんだよ。お腹の大きいお母さんから、赤ちゃんをとりあげる時に、大変なことはいっぱいあって、みんながみんな、無事に産まれるとは限らないし、産んだあとも無事とは限らないの。だから、お母さんか赤ちゃんかが死んだ時に、そのとりあげたお医者さんが逮捕されて牢屋に入れられちゃうんだったら、お医者さんが赤ちゃんをとりあげるのやめたり、赤ちゃんをとりあげるお医者さんになる人がいなくなったりするんだよ。

ララをとりあげてくれたお医者さん二人のうち、一人しかもう赤ちゃんをとりあげる仕事をしてないよ。リリとルルをとりあげてくれたお医者さん二人は、どっちもやめちゃった。赤ちゃんをとりあげるようなお仕事をするお医者さんは、どんどん減ってるの。でもそれで困るのは、次に赤ちゃんを産みたい、っていう人なのにね。逮捕して牢屋になんか入れないで欲しいよ。
赤ちゃんをとりあげる仕事って大事で、それをするお医者さんがいないのって、困るんだけどね。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

うーん。
うまく語りきれてないような気もするんですが、少なくともララは真剣な眼差しで聞いていました。

|

« 2月18日です | トップページ | 一般向け:子供に語る、福島大野病院事件 »

コメント

このような内容に突っ込みを入れてくるとは
ななちゃん恐るべし
親からのDNAか!?

なお私にとっても 分かりやすいお話でしたので、院内LANの掲示板で紹介させていただいてもよろしいでしょうか。

投稿: hanamegane | 2008年2月25日 (月) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供に語る、福島大野病院事件:

« 2月18日です | トップページ | 一般向け:子供に語る、福島大野病院事件 »