« 強度のある言葉を用いるために | トップページ | この世でもっとも悪いもの »

2007年12月 5日 (水)

大野病院事件第10回公判速報より

ロハス・メディカル・ブログからの引用です。

>私は知らなかった。
>胎盤を剥がした後の子宮が
>傷をつけなくても1分間に500cc出血する臓器であるということを。
>おそらく多くの方が同じでないか。
>検察の見立ても、大量に出血したからには傷をつけたに違いない
>というものであっただろう。

>医療者にとっては常識なのかもしれないが
>誰かが最初からそのことを説明してくれていれば
>話がここまでややこしくなることもなかっただろうと思うのである。
>おそらく検察側も
>自分たちの見立てが根本からナンセンスであることに
>間違いなく気づいたと思う。

なんというか・・・ショックでした。
「患者と医師をつなぐ」ロハス・メディカルの川口さんがこの内容を書いている、ということも含めて。

胎盤が剥離した後の子宮が復古不全、収縮不全状態であれば大量の噴出するような出血があって当然、と医師であれば考えます。
少なくとも私は漠然と、ですが、そういう状況を想像していました。
毎分500cc、という具体的な数値は知らないけど、とにかく大量出血、と。

でも今回、池ノ上教授が説明するまで、誰もこのことを、非医師が理解できる言葉で、説明していなかった。何人もの医師が証言していたのに。

シャワーヘッドがオープンになったような(出血)、というのはすぐれた比喩です。
池ノ上教授はもちろん経験も豊富で、その上に準備に準備を重ねて、この比喩を採用し、今回の明解な説明を作り上げたのでしょう。

それにしても…この齟齬は、大きいですね。
医療を行う上で、医師の立場では前提となっている「常識」を言語化することの困難さを改めて感じました。こんなことで気後れしていてはダメなんですけど。

|

« 強度のある言葉を用いるために | トップページ | この世でもっとも悪いもの »

コメント

激しく同意します。産婦人科医にはほんとに常識なんですけどね。弛緩出血で胎盤出てから収縮剤注射までに1000ml<って普通にあることなんだけど。でも、普通の人に分かる言葉でそれを表現することを、池ノ上教授までは誰も気づかなかったのですね。

この情報格差は是正するのが本当に難しいです。「白血球がね、」と説明しかけたら「白血球ってなんですか?」なんて患者までいるんだから。

投稿: 山口(産婦人科) | 2007年12月 6日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野病院事件第10回公判速報より:

» 責任の所在 [kameの いい味出してね]
クジラ救出作業中の死亡事故で減免署名約8300人(11月28日 産経新聞) [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 21時42分

« 強度のある言葉を用いるために | トップページ | この世でもっとも悪いもの »