« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月23日 (木)

日本脳炎の予防接種(その2)

久しぶり(1年ぶり?)にこの話題を。

積極的勧奨差し控え中の日本脳炎予防接種ですが、ウチは危険区域にあるということで(半径2km以内のところに豚がいるし、この地域の豚は日本脳炎ウイルスに感染してる可能性が高いため)子供に予防接種を受けさせました。
今回の接種で我が家の子供たちは全員、初回接種(3歳の時に2回、1年後にもう1回)を終えたことになります。
前回は待ちきれなくて自費で受けさせたんですが、今回は公費、つまり無料!

接種の手順を書いておきます。

1.役場の予防接種担当課に「日本脳炎の予防接種を受けさせたいです」と電話。
 担当さんに子供の名前と生年月日を告げ、予防接種を実施している病院を教えてもらいました。(というか、私の場合は自分の勤務先で接種できるかどうか、なんですけどね。)

2.数日後、DPTなどの他の予防接種同様の問診票と、 同意書(下図)が送られてきました。

3.日本脳炎の予防接種を実施している病院に電話し、接種を予約しました。
(私の場合は職場なので、内線電話でしたけど…小児科に予約した後、薬局からワクチンの在庫が少ないこと、製造中止にするメーカーがあいついでて、昨年の接種とは違うメーカーの薬になるけどそれでいいですか?という連絡がありました。)

4.問診票と、同意書に必要事項を記入し、母子手帳も持って子供と一緒に病院へ。
(4歳の息子は注射の瞬間は泣いたけど、すぐ泣き止みました。)

以上です。文章にするとこれだけですけど、結構、手間です。
だから受ける人は少ないだろうなぁ、と思いますが…。
個人的には、我が家と同様の条件(こちらで流行予測地域とされる色付きの都道府県に住んでおり、半径2~8kmの距離に養豚場があるか、野生のイノシシが出る可能性があるような場所に住んでいる、もしくは好んで行く家庭)のお子さんは、ワクチンの接種を検討された方がいいのではないかと思います。

ちなみに沖縄では以前、米軍の軍人軍属の日本脳炎発症者があり、沖縄に派遣する米軍関係者には予防接種をしているそうです。
CDC(米国疾病管理センター)では沖縄の4月から10月を流行期としています。

9月末、追記。読売新聞の記事(Web魚拓)をリンクしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »