« やんばる二人病理医 | トップページ | 日本脳炎の予防接種(その2) »

2007年7月31日 (火)

臨床から病理への転科

卒後4年目、内科2年目で病理への転科を考えているというkikoさんへ。
コメント欄を利用してのご質問、ありがとうございました。
お返事を一つのエントリにさせていただきますね。

ちょうど、臨床研修制度が始まった時期に医師となられて、いろいろ情報も錯綜し、
迷いの種になるようなことも多いのだと思います。
で、このブログの趣旨にも叶ったことですので、病理医という仕事に関して、
思いつくことをつらつらと、書いてみますね。

今、病理医として活躍している人には、臨床を数年経験してから、という人が決して
少なくありません。
たとえばこの方、田中先生元小児科医です。それもNICUのバリバリ小児科医。
詳細はリンク先、田中先生のHPをお読み下さいね。
なぜ小児科医から病理医になったのか、ということについても詳しく書かれています。

私自身は、ローテート研修医としての臨床経験しかありませんが、
それでも病理診断をする上では臨床医としての経験が役に立つ、と思います。
臨床医は、病理医にとって「顧客」のような面があり、顧客の立場がわかる、と
いうのは仕事をすすめる上で役に立つことがたくさんあるのです。

ただ、病理は形態診断、パターン認識なので、デザインや美術の仕事とも似ている
面があって。歳をとって頭が固くなってから病理診断の修行を始めるのは困難です。

誤解しないで欲しいのは「臨床医失格だから病理医になった」というのではないこと。
病理医としての適性と、臨床医としての適性はまったく別の話。
両方に適性がある人もいれば、片方だけに適性がある人もいるし。
極端な話、もともと適性がなくても、医師として社会に貢献することは可能です。
職業訓練というのは、そういうものじゃないでしょうか。
(本人はあんまり幸せじゃないかもしれませんが、社会貢献と本人の幸福も別。)

参考までに、私個人は周囲には臨床向きだと言われ、実際、誘ってくれた科もあった
のですが、誰が何と言おうと自分では絶対、臨床向きでないという確信(苦笑)が
臨床研修を通じて成立し、今に至っています。

それから、病理医となるための専門研修を、病院でするか、大学でするかについて。
私自身は病院で病理医となった人間なのでぜひ病院を勧めたいところですが、
一長一短あるのは事実です。まずは、それぞれの長所を書いてみます。
ただし、以下はあくまでも一般論ということで。

【大学で病理研修をする長所】
・複数の病理医が常にいるので、いろんな見方を教えてもらえる
・症例が豊富。病理は(臨床と違い)大学でも「ごく普通の」標本を見る機会が多い
・研究もできるので「基礎と臨床の橋渡し」としての役割が果たしやすい

【病院で病理研修をする長所】
・多くは決まった指導医につくことになるので、初心者としては混乱が少ない
・大学と比べて各科の敷居が低いので、臨床医からも多く学べる
・病理医として必要な、病理検査室マネジメントについても教えてもらえる

大学の短所は、人不足による忙しさ、診断研究教育のバランスが難しい、という
ところでしょうか。病院の短所は、症例が偏りやすい、研究がしにくい、など。

しかし、これらはあくまでも一般論です。研究がバリバリできる病院もあれば、
めっちゃ忙しい病院だって全然、珍しくない。施設毎の差が大きいです。
病理解剖一つをとってみても、24時間365日、病理解剖を即時に行う体制を敷いて
いる病理部門もあれば(これは臨床側にはともかく、病理側としては大変、負担の
大きいことです)、当院のように夜間は原則として解剖をしない(夜間に亡くなら
れた方のご遺体は保冷庫に入れ、翌朝に解剖する、というのを原則としています、
どうしても急ぐ場合は例外的に夜間に解剖しますが)という病院もあります。

そして、大事なのはいわゆる「オーベン」、つまり指導医だと思います。
特に最初の半年から一年の期間で病理医としての標本の見方、診断方法の基礎固め
が行われますので、その時期に誰が自分を教えてくれるのかというのは大事です。
万人向けの良い指導医、ではなく、あなた個人にとって良い指導医。
人間関係は「相性」がありますから、ある人にとって良い指導医が、あなたに
とって良い指導医とは限らない。他人の評判はそれなりに聞いたとしても。
人間的に尊敬できるような人に巡り会えるといいのですが、そういうのって結果論
(ある程度、一緒に働いてみないとわからない)ですからね・・・。
そして、こればかりはPCの前に座っていても絶対にわからないことです。
実際に病理部門に見学に行き、指導体制を見て、指導医と話をしてみなくては。

それと、もう一つ、アドバイス。
あなたの体力と精神力で耐えられるような苦労なのか、そうでない質・量の苦労
なのか、は飛び込む前に漠然とでも見極めておくこと。
苦労をすることを恐れすぎず、かといって過分な苦労を引き受けないよう。
どんな科でもそうですが、楽ばかりして専門医になる道、というのはありません。
医師の多くは苦労自慢をしないだけ。
苦労の数だけ喜びもあり、その時の苦労がいつか実ることを信じているから、
かもしれません。

病理に興味があり、やる気があるのなら、しっかり研修して病理医になることが
できると思いますよ。頑張って下さい。

|

« やんばる二人病理医 | トップページ | 日本脳炎の予防接種(その2) »

コメント

kikoさま、はじめまして。それからslummy先生、横レスお許し下さい。普段は固定HNを使うのですが、事情により使えないことをお詫びします。

わたしは卒後4年目、病理医としては2年目になります。ですので卒業年度はkikoさんと同期になります。

で、転科を考えておられるとのこと。slummy先生が丁寧に書いておられますので私がどうのこうのと付け加えることはほとんど無いのですが、蛇足という形で、実際ぺーぺーの身で思うことを書いてみます。


病理の実際は、なんてことは私は言えませんので、(実際病理に転科するとして)行き先選びのポイントになるであろうことを書いてみます。

kikoさんが研究をメインにしたいか、診断をメインにしたいか、はまずは重要かと思います。授業だと病理学は病態を主に教えるだけですし、病院で研修医をやっていると、病理=診断と1対1対応になってしまいがちですが、(私の知る限り)大学の病理学講座は(ウェイトの差はあれど)研究はやっているものです。kikoさんご自身の希望として、研究としての病理に興味があるのか、診断としての病理に興味があるのか、まずは両方ともやってみたいのか、その点を明確にすることをお勧めします。何と言いましても、病理学講座、で免疫学をやっている教室すらありますから……。
付け加えると、これはかなり先走りすぎかと思いますが、内科医としてのご専門を生かせる『病理医としての専門分野』を考えるならば、さらに行き先は限られてくると思います(もしもkikoさんが循環器内科医であれば、それはかなり厳しい可能性が高いかと思いますが)。

指導医との相性というのはkikoさんが想像しておられるよりずっと重要なことだと思います。病理医として優秀な方でも、指導医としては問題がある方もおられます(残念ながら)。入ってみないとわからない点もありますが、slummy先生のアドバイス通り、まずは直接会って話を聞く(あるいは聞いて貰う)ことが大切だと思います。
それと、一般病院も含めて旧帝国大学系の病理学教室あるいは病院病理部でない場合は、指導医の数が限られてきます。『家内制手工業』と病理の指導体制を評した人もいるくらいで、kikoさんが望んでも、その病院あるいは大学の指導医のマンパワーが足らない可能性もあるかとおもいます。それはご了解下さい。

投稿: 匿名希望 | 2007年8月 2日 (木) 23時29分

slummy先生、匿名希望先生、親切なアドバイスありがとうございます。田中先生のHPも拝見させて頂いております。

現在の仕事をしている中で、どうにもわりきれない想いが蓄積し、今あらためて自分の医師としての進路を考え直しています。

今回、先生方から頂いたアドバイスをもとにもう少し考えてみたいと思います。

(ちなみに、匿名希望先生が専門として病理を選ばれた理由などお聞かせ頂けたら幸いです。)

これからも色々とご相談させていただく事があるかもしれませんが、どうか宜しくお願いします。
お返事、お礼が遅れすみませんでした。

投稿: kiko | 2007年8月19日 (日) 11時03分

kikoさん、ご丁寧にどうも。
何かお役に立てるようなことがありましたら、いつでもどうぞ。

投稿: slummy | 2007年8月23日 (木) 00時06分

 この間は丁寧なアドバイスをありがとうございました。
 今回、先生にお聞きしたい事があり再度書き込みをさせていただきました。何度もすみません。
 あの後、色々と考え現在は転科を前向きに検討しているのですが、自分としては可能なら、一般病院でやっていきたいと考えています。今は色々自分なりに調べているのですが、病理研修先を考える時、どのようなところにポイントをおくのが良いのでしょうか。例えば常勤病理医1人でも病理研修医を募集している病院もありますが、そのような病院は病理医の通常業務もある上での指導になると思うので(病理医の負担が増えますよね?)、研修体制も含めて正直少し不安なのですが…。
 また病理医の実際の勤務体系というか、日々の業務(1日の流れ)などについて教えて頂けませんでしょうか。

 実際としては、今の業務と転科の準備との同時進行は無理ですので一度現在の仕事に区切りをつけてから見学など具体的に動こうと考えています。

 何度もくだらない質問ばかりですみませんが宜しくお願いいたします。


投稿: kiko | 2007年9月13日 (木) 20時52分

 kikoさん、再びこんにちはです。slummy先生、再び場を汚します。

 まずは前のコメントから。
 …志望動機ですが、これは伏せさせてもらって構わないでしょうか? なにやら気恥ずかしいものでして。
 その代わりといっては何ですが、今の3年目と4年目(要するに病理医1年目と2年目)の、現在の臨床研修医制度から病理医になった新米病理医たちの志望理由を書いたものがありますので、それを参照していただければ幸いです。
 http://jsp.umin.ac.jp/bukaiho/bukaiho_0704.pdf

>自分としては可能なら、一般病院でやっていきたいと考えています。
 としたら、私にアドバイスできることはあんまりないかもしれません。私、一般病院じゃないんです。

 以前、後輩が少し病理を考えたことがあり、臨床研修中に病理検査室に通いつめたことがあったそうですが(その後輩は一般病院)、その時の事を聞くと、常勤一人病理医が暇を見つけてお相手をしてくれたそうです。負担は確かに増えていたそうです。ただし、その先生は「でも病理医が増えてくれるのはうれしいから」と言っておられたとか。

 それと、私はかなり特殊な環境にいまして、ほとんどマクロ(=検体の切り出しをしない)に触らないんです。だから、その点でもあまり実りのあるお答えはできないと思うんですけど…。

 slummy先生、いかがでしょうか?

投稿: 匿名希望 | 2007年10月 2日 (火) 20時34分

こんばんは。初投稿です。沖縄県出身で、現在、後期研修を都内の病院で行っているものです。私が研修を行っている病院の病理科は症例も豊富で、指導医も複数おり、かなり勉強になってます。(きつく指導を受けるのもしばしばです・・)
将来は地元に帰って病理をしたいなと考えていますが、沖縄で病理をやるとして、大学へ帰らずに一般病院で勤めることは可能でしょうか?
沖縄の地理的状況などや先輩の情報?からは沖縄では病理は大学のバイトで人は結構足りており、職探しに難航すると聞かされたもので・・。
是非、内地で勉強して、沖縄で還元したいのですが・・・・。何時帰るかにもよると思いますが、専門医とれるまでは都内で修行したいと考えます。

投稿: totty | 2008年1月20日 (日) 01時47分

tottyさま、コメントありがとうございます。
沖縄県出身で病理後期研修中なんですね!
大学ではなくいきなり一般病院に就職可能かどうかという話だけであれば「可能」ということになります。私自身そういう就職の仕方をしています。

投稿: slummy | 2008年1月21日 (月) 03時27分

 slummyさん、kikoさん、初めまして。
 ネットサーフィンをしていて、たまたま目にとまり、昔の自分を思い出して書き込むことにしました。
 転科はなかなかしんどい決断だと思いますが、どうしてもやりたいという熱意があり、続けられればきっと花開くと思います。
 ただ、今が決断の時かどうかはよく考えて下さい。
 私は臨床を10年して、それでも顕微鏡を覗く仕事がしたくて病理に転科しました。顕微鏡を覗いてお金が稼げるなんて楽しいだろうなぁという単純な考えでしたが、好きこそものの上手なれ、です。今は病理を初めて13年。民間病院にいますが、ぼちぼち症例報告を書いたりしています。老眼が始まって少し切り出しに苦労し出しましたが、楽しい毎日です。
 一つ言えることは症例が多く、何度か見学に行っただけで指導体制が充実していることが伝わってくるくらいの施設を探してみて下さい。やはり数を見ることは大切です。
 診療関連死に対する体制が変わりつつある昨今です。
 いつの日か、外科病理医が一人増えるのを夢見ています。

投稿: NEXUS 6 | 2008年2月20日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臨床から病理への転科:

« やんばる二人病理医 | トップページ | 日本脳炎の予防接種(その2) »