« 新聞報道に一喜一憂 | トップページ | やんばる二人病理医 »

2007年6月30日 (土)

県立病院職員の定数について

R・Y・Uさまから質問を頂戴したので、私が知っていることをこちらに書いてお答えとさせていただきますね。

以下、R・Y・Uさまのコメントから質問部分を引用させていただきます。

>沖縄県の県立病院勤務医数は定数に達しているのでしょうか?沖縄は医師不足なので
>定員割れしていると思っていましたが、病院事業局長の答弁を聞く限り「医師は
>めいっぱい雇っている、これ以上は雇えない」という風に聞こえるのですが。
>そうであるならば、産科医の長期雇用などできないのではないでしょうか?
>また、過重労働を認めているのに定数を増やせないのは予算がないからでしょうか?

県立病院の正職員数は、定数で定められています。
これについては新聞報道がいくつもありますので、ご参照ください。

「財政・人材難改善を」/県立病院長・切実訴え 2006年10月18日
「看護師足りず33床休止 県立中部病院」 2007年5月17日

伊関先生の解説もリンクしておきます。
「看護師不足で県立病院機能まひ 沖縄県立南部医療センター、中部病院」 2006年7月24日

さて私の勤務先の医師の定数は、何人くらいだと思いますか。
現在、常勤医がいるのは内科・小児科・外科・整形外科・脳外科・耳鼻科・眼科・泌尿器科・麻酔科・泌尿器科・病理科。(かつては産婦人科と放射線科の常勤医もいました。)
病床数293、病床稼働率90%以上。24時間365日の救急センター、ICU,HCUあり。
附属診療所(離島など)の医師も定数に入り、現在は離島2ヶ所に一人ずつ医師がいます。

という医療を提供する、正職員医師の定数は、38人だったかな。
すみません。厳密な数字ではありませんが、大体そのあたりの数字だったと記憶しています。
この定数、復帰(1972年)当時からほとんど数が変わってないという噂も。

たとえば、私自身が当院初めての病理医として採用された時は内科医の定数枠を使ったと聞いています。要するに内科医一人を削って病理医一人を採用した、ということです。
その後に病理医の定数が正式にできたのか、今に至るまで知りません(苦笑)

定数については、これで少しはご理解いただけたでしょうか。定数を増やせない理由については、私はコメントできる立場にありません。

私の勤務先の産婦人科の定数は空いたままになっていて、いつでも定数(3人)雇える状況だと聞いています。
しかし、今回残念ながらキャンセルになってしまった産婦人科医はその定数を埋める形での常勤医ではなく、こちら経由の「派遣医」で長期雇用されるはずでした。派遣医は定数の枠外であるのみならず、待遇についても正職員とは違って県の条例にしばられないため、正職員の医師とは異なる勤務条件が可能だとも聞いています。
現在の県立病院で産婦人科医を雇うとしたら、まずは定数の枠外で、じゃないかと私は理解しています。

ただ、私がどこまで正確に理解しているか、というのは・・・自分の勤務先の定数すら正確に知らないような一職員の非公式発言、ということで割り引いておいて下さいね。

追記。定数条例を沖縄県のホームページで探して、ようやく見つけました。ここです。

>(9) 病院事業局の職員 2,294人

この1行をみつけるのに、1時間くらいかかってしまった…。

|

« 新聞報道に一喜一憂 | トップページ | やんばる二人病理医 »

コメント

早速のレスありがとうございます。「職員の定数増は厳しい」というのは条例改正と財政が苦しいという2つの問題があって出てきた言葉なんですね。沖縄は診療科ごとに医師数が決まっているんですね。病院にとって医師は金の卵を産む鶏なんですから雇えるだけ雇えばいいと思うんですがね。その方が収益も上がると思いますよ。

投稿: R・Y・U | 2007年7月 2日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県立病院職員の定数について:

« 新聞報道に一喜一憂 | トップページ | やんばる二人病理医 »