« 医師の労働組合について | トップページ | 悲劇を繰り返さないために »

2007年5月21日 (月)

「病理診断科」と名乗ることについて

私は、病院に勤めている病理医です。
病院勤務の病理医、所属は病理科なんですがこの「病理科」というのはあくまでも「通称」。

私の勤務先はたくさん科がある総合病院なので「内科」「外科」「整形外科」「小児科」など診療科が公示されています。
でも、これは厚生労働省が決めた科の名称しか名乗れず、「病理」は病院が名乗ることのできる科としては認められていません。

くどいようですが、私は「病理専門医」です。専門は病理。
内科や外科などの臨床科をバックアップする立場ですが、専門的な医療を行う医師の一人として、医療の質向上に貢献しています。
病理専門医として、私が名乗りたい、名乗ることができる「科」は病理以外はありません。

それなりの規模の病院(たとえば200床以上、全身麻酔の手術が年間100件以上)で病理医が院内にいるかどうか、というのは、「診断」の質という点で、大事なことだと思うのです。
でも「病理(診断)科」を、総合病院の診療科の中に含めることはできないのです。
厚生労働省が認めていない、という理由で。

一方、たった一人しか医師がいない開業医であっても、内科、皮膚科、外科、整形外科、アレルギー科など(厚生労働省が標榜科として認めている科の名称なら)いくつでも名乗ることができます。実際、たくさんの科を名乗っている開業医は少なくありません。
これは、絶対、制度が実態とかけはなれていて、おかしいなぁー、と思うんです。

標榜科(診療科)についての再検討が始まったようです。
新聞記事をリンクしておきます。

「病理診断科」はぜひ、ぜひ、ぜひ!認めて欲しいです。
私は、直接患者さんに接しない立場ではありますが、一人の医師として、毎日毎日、真剣に病理診断を下しています。
病理医の仕事は、患者さんの病名を決める(診断する)ことです。
なのに今の制度では表向き、病院にいてもいなくても同じかのように扱われています。

表向き、というのが一つのポイントかもしれません。
いや、本音を言えば私も陰でこっそり良いことをする、というのが好きなんですけど(笑)
病理医のみんながそういう人ばっかりだったのでこれまで診療科として認められなかったのかもしれません。
とにかく、今に至るまで病理医の仕事は社会に十分に認知されていません。
病理は深刻な人不足に陥っていますが、産婦人科や小児科、麻酔科と違って話題になることもありません。
(私見ですが、病理医は日本では一度も充足したこともなく、医療の質の向上を求められる時代になって需要ばかりがウナギノボリになっているのだと思います・・・)

社会的認知のためにも、病理診断科をぜひ、診療科として公示できるようになって欲しいものです。

|

« 医師の労働組合について | トップページ | 悲劇を繰り返さないために »

コメント

標榜科になりましたね!!
自分のオバカなブログには書きにくいので(笑)
第一歩が踏み出せたな!と。
色々病院に要求することがいっぱい浮かんできました。
まずは、病理専任技師を他へ突然移動させないで!!(国立病院は、なにか秀でた人はいらなくて、なんでもそれなりに出来る人が良い!と平気でベテランスクリーナーやベテラン技師を生理や細菌に移動させて、全くずぶの素人を送ってくることがあるんです!!”とか病理診断科として予算を組んでもらうこととか、検査科長と病理診断科の科長を兼任させるな!とかね。うちは、いま私は院内では科長ですが、対外的には科長は、小児科を追いやられた間もなく定年の先生が名前だけ貸していて、会議とかに出ても一切こちらには情報をくれない!というか、聞いても忘れるというとんでもない状況なのでね(笑)。
ああ~大義名分ができて本当に嬉しいです。

投稿: ちっち | 2007年9月23日 (日) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「病理診断科」と名乗ることについて:

« 医師の労働組合について | トップページ | 悲劇を繰り返さないために »