« 防衛医大の先生方、ありがとうございました | トップページ | 研修医が来た! »

2007年3月31日 (土)

産婦人科の機能分担

「産婦人科」とひとくくりにされている中でも、実際の医療現場では機能が分担されています。
おおまかには、以下のような二つになるのです。

【1】産婦人科開業医
【2】総合病院(麻酔科など他科もある病院)の産婦人科

どう違うのか、をこのあと説明しますね。(長いです、すみません。)

【1】産婦人科開業医の場合

【1】には通常、一人の産婦人科医師と数名の助産師がいます。
ここに助産師さんがいるのは、お産が24時間、だからです。
一人で開業している産婦人科の先生は、助産師さんと一緒に「正常のお産(+アルファ)」をみています。
(+アルファ、と書いたのは条件つきで帝王切開する開業医の先生も多いからです。)

お産の95%は正常だともいわれています。ただし、正常のお産、というのはあくまでも「結果」です。
正常のお産だと思って様子をみていたら、母子どちらかの状態が悪くなった、そしたらその時点でそのお産はもう「異常」です。
「異常」という言葉はイヤーな感じなので【ハイリスク】とここでは書くことにします。
赤ちゃん、もしくはお母さんに命の危険がせまっている、という意味での【ハイリスク】です。陣痛が始まってから母子に危険がせまる「急変」もありますが、急変はできるだけ避けたいですし、あらかじめ予測できる【ハイリスク】もあります。

予測できる【ハイリスク】をちょっとあげておきます。
1)肥満:初診時80キロ以上(産道が体脂肪で狭く、赤ちゃんが出られない)
2)帝王切開の既往(傷あとがあるので子宮破裂などのリスクあり)
などなど・・・たくさんあります。

このような【ハイリスク】は妊娠が判明した時点で「開業医では無理」といずれもっと大きな病院【2】に紹介されることになります。
開業医の先生が一人でお産をとりあげるからには、難産が予測される妊婦さん、急変を起こしそうな妊婦さんは、適切な時点でもっと大きい病院に紹介して、母子とも万全の体制でお産にのぞんでもらうのです。

【2】総合病院(麻酔科など他科もある病院)の産婦人科

もっと大きい病院、というのが【2】です。
【1】では危険、対応できない、という妊婦さんのお産をひきうけます。
【ハイリスク】の妊婦さんの対応は、簡単ではありません。現代の臨床医学が総力でこのリスクに立ち向かい、母と子の安全をなんとか確保しています。
母子ともに安全に出産できるよう、24時間体制で産婦人科医と小児科医が病院内におり、必要ならば麻酔科医やもっと多くの医師も呼び出すことができる体制を整えているのが【2】の病院です。

この体制を整えるためには最低でも3人、できれば4人以上の産婦人科医が勤めている必要があります。(実際にはお産の頻度にもよりますが。)
一人の産婦人科医しかいなければ【2】としての機能を十分に果たすことはできないのです。

これだけでは、どんな感じなのか、わかりにくいかもしれませんので、例をあげてみましょう。仮にマミさんとしましょうか。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆
マミさんは初めての妊娠で、開業医【1】にずっと通っていました。
妊婦検診での血圧や尿検査なども、特に問題ありませんでした。
陣痛が始まって開業医を受診したら、上の血圧が220を越していました。
救急車でもっと大きな病院【2】に運ばれてそこで帝王切開になりました。
赤ちゃんもマミさんも、元気でなにごともなく家に帰りました。
☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

マミさんは「正常なお産」になるはずだった人が急変した例です。
たとえば自宅で(「産婆さん」の手助けを借りて)お産をするのが当たり前だった50-60年前だったら、赤ちゃんは助かっても、マミさんは産後の肥立ちが悪くて、亡くなっていたかもしれません。

1950年の日本では10万人に176人の妊産婦が亡くなっていました。
当時のお産は自宅分娩が主流。産婦の95%が自宅でのお産でした。
99%が病院でお産をする2000年の妊産婦死亡は10万人に対して6.3です。
数字だけみていても実感しにくいことですが、マミさんの例で、少しはわかっていただけたでしょうか。

さて、マミさんのお産に必要な医師の人数をみてみましょう。
マミさんは意識していないかもしれませんが、マミさんのお産は緊急帝王切開、と呼ばれるものであったはずです。
緊急帝王切開であれば、まず麻酔科医が一人。麻酔としても簡単なものではなく、かなり気をつかう。
帝王切開術を行う産婦人科医が二人。
それから、小児科医が最低一人。
これもあまり知られていないことですが、【2】の病院では帝王切開が行われる手術室には必ず小児科医が待機しています。
赤ちゃんが子宮から出ると同時に全力で赤ちゃんの命を守る仕事を始めます。
仮死状態で生まれた赤ちゃんであれば、NICU(新生児集中治療室)に移し、24時間小児科医がつきっきりで治療します。だから最低一人、というのはあくまでも赤ちゃんが元気で生まれたことが前提です。

さぁ、これまでで何人の医師がいたでしょうか?

答えは4人。
予定通り【1】の開業医でお産したのであれば、産婦人科医一人だけです。
同じお産といっても【1】と【2】ではこんなに必要な医師の数が違います。

【ハイリスク】のお産は、正常のお産とはまったく違うものなのです。

そして、正常のお産が、突然【ハイリスク】になってしまうのも、お産の怖いところです。

------------------------------------------------------------

閑話休題。

なぜこのような専門外のことを一生懸命書くのか、というのを説明しておきます。
それは私自身がマミさんと同じ立場だからです。お産は3回とも帝王切開です。
【2】に属する総合病院でお産をしています。
最初の子のときは微弱陣痛40時間、午前3時からの帝王切開でした。
子供は数日、新生児集中治療室にいましたが、その後は元気に育っています。

私は母であると同時に医師です。
医師として、私は以下のことを思わずにいられないのです。

 私が「産婆さん」の時代にお産をしていたら、
 初回のお産で命を落としていたでしょう。
 3人の子供たちも生まれることがなかったでしょう。

今、私と子供たちに命があり、こうしてブログを書くこともできるのは、
【2】に属する総合病院で仕事をしていた産婦人科医、麻酔科医、小児科医、
手術室そして産婦人科病棟のナースたちをはじめとするスタッフのおかげです。

このことを、一生、忘れてはならない、と思っています。

しかし今【2】の病院で働く産婦人科医が減っています。
自分のお産の時には大丈夫だった、恩恵を受けられて良かった。
・・・それだけでいいのか?と思ってしまいます。
そのうえに昨年【2】に属する病院で働いていた産婦人科医が逮捕されました。
逮捕された理由は、到底納得がいかないものです。

私にできることを、していきたいです。ここでの情報発信もその一つということで。

|

« 防衛医大の先生方、ありがとうございました | トップページ | 研修医が来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産婦人科の機能分担:

« 防衛医大の先生方、ありがとうございました | トップページ | 研修医が来た! »