« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月13日 (火)

相貌失認について

私は昔から、人の顔と名前をおぼえられません。
こういうのを相貌失認というようです。
職業上必要な、細胞や組織の顕微鏡画像なら網膜に焼き付けたように記憶できることもあったりするんですけど。

たとえば、娘の担任の先生がめがねをかけている人だったかどうかすら思い出せません。
ぼやっとは思い出せるので、次にあった時には「そういえばこんな顔の人だった」とわかるでしょうが。
子供の頃、父が半年とかの長期出張に出かけたときは「お父さんの顔を思い浮かべられなくなった」とベッドで泣いたりしていました。

それでもまだ、患者さんに接しない病理医だからいいんだと思います。
昨日の福祉まつりでは、訪れる人がお客さんなのか病院職員なのか(私服ですからね)、
それとも資材を提供してくれている業者さんなのかすらわからず、
なんども「すみませんでした、失礼しました」と赤面です。

他にも、体験談を一つ。
大学受験の時に、隣の席になった人と親しくなり夕食を一緒にとる約束をしました。
いったん宿に戻ってから待ち合わせたのですが、
待ち合わせ場所で、相手の顔がどうしても思い出せない。
自分の忘却を棚に上げて(笑)相手が私を見つけてくれるかどうかの心配ばかりしていました。
結局、無事に見つけてもらえました。

このように相手の存在(その人と話した内容や一緒にいた状況など)は記憶していても、顔を忘れます。
同僚の医師たちは数年がかりでおぼえました。
何度も人違いをして「それはボクじゃない」と言われたりしながら。
学会などで、しばらく会わなかった相手に親しげに声をかけられて
「ええと?この先生、誰だったっけな?」と困ることはしばしばあります。

主な対処法は3つです。
1.「失礼ですが、お顔は記憶にあるんですけど(←これは大嘘!)お名前はなんでした?」とストレートに尋ねる。同窓会ではこのセリフばかりでした。
2.「ええと、鈴木さんでしたっけ?」(沖縄なら比嘉さん?)などと適当な名前で呼びかけて、相手の訂正を期待する(もちろん天然ボケとしての扱いを期待して、です)。
「ごめんなさい、きれいにしてらっしゃるから(お痩せになったから、など応用各種)見違えてしまって。」と口八丁でフォローしたりもします。
3.徹底的に名前を呼ばずに用を済ませることも多いです。
もともと顔と名前を一致させたいほどの相手ではない、今、私が話している相手が誰なのかわからなくても私の人生に大きな影響はない、と割り切って、相手が怒り出さない程度の対応にします。

人の顔と名前を記憶できないのは、私の脳の欠陥なんだと以前から思っていますが、あまり深刻には考えていません。
私にとってかなり大切な人でも顔を忘れたりして、相手の機嫌を損ねたりもするんですが、大切な人については、顔を記憶できなくともその人の「存在」をしっかり記憶しています。
顔を忘れられていた人が不愉快になるのは大抵、存在を忘れられている、軽んじられていると思うからのようなので、不本意にがっかりさせてしまった相手には「人の顔がおぼえられないだけで、あなたのことを忘れていたわけではありません、こんな細かいこともちゃんと記憶しています」と相手についての細かい記憶を披露して、大切な人だと思っていることをアピールしたりします。
顔以外のことは記憶されている、と理解してもらえればそれほど困ることはありません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

病院として福祉まつりに参加する

勤務先の病院が、市の福祉まつりに参加することになりました。
(福祉まつりの主催者はこちら。)
今週末(土日)です。こういうのに参加するのは、初めてみたいです。

・・・というか、もともと参加しようって言い出したのは私なんですけどね。
仕事が忙しいからって病院の中に閉じこもってないで、病院の外に出て活動しよう、って。
でも自分たちだけで何もかも企画するのは大変だから、地域の公的なイベントに参加するのがいいんじゃないか、と福祉まつりに参加名乗りをあげてみたわけです。
院長、医局はじめ各位の賛同が得られまして、参加が実現しました。

ポスターやパネルの展示と、COMLのパンフレットも配布します。
体験型コーナーと称して、外科の先生たちが模擬手術体験(切開・縫合・糸結び体験?)やトレーニングボックスを使った内視鏡手術体験をさせてくれるような手はずも整いつつあります。
救急部門と看護部のご協力で、人形とAEDを使った心肺蘇生(BLS)体験も。
内科、小児科の先生方は10分程度のミニ講演会を数回してくれるそうです。
私も2日目午後に「医師として母としてやんばるに暮らす(仮題)」というミニ講演をする予定。
病理医の仕事紹介と、自己紹介+α(休診前の産婦人科で3人の子を産んだ話や、小児科に自分の子が入院した話)だけでたぶん10分が終わると思います。

・・・ホントにうまくいくのだろうか?という一抹の不安はまだありますが。
まぁ、なるようになるでしょう(笑)。

私の勤務先は公立病院です。
職員(特に医師や看護師、医療技術職)は一生懸命で、良い仕事をしてるんですけど、どの程度、地元の人たちにそれが伝わっているのか、かなり心配。
地域の住民のための病院なんですが、地元の人たちが自分たちの病院と思ってくれているかどうか、は、かなり怪しい。あって当たり前、文句満載、って感じです。
「税金で建っているのにあんまり良くない病院」と思われるのは、悲しいです。
公的病院の整理縮小という声も中央からは聞こえていて、地元の人たちがこんな病院必要ないというのなら、すぐにでもなくなってしまう病院でしょう。
そしてなくなってから「あった方が良かった」と言われても、もう復活はできないでしょう。
2年前に休診になってしまった産婦人科が、署名が集まっても総決起大会?に多くの人が集まっても、復活する見通しがいまだにたたないのと同じように。

どこかに整理統合されて病院がなくなってしまう前に、どんな医師たちが働いていて、病院でどういうことをしているのか、を地域の人たちには見てもらいたいと思います。
病気の時に病院にかかってもらうだけでなく、病院外で、元気な時に病院職員の姿を見てもらうのも何かしらの意味があるかなぁ、と。
今度の土日、うまくいきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »