« 院内カンファランスを始めました | トップページ | 病院として福祉まつりに参加する »

2006年12月30日 (土)

外科病理学第4版

仕事に使う病理診断の本は、病院(職場)の図書費で購入してもらい、個人では極力、買わないことにしている。

しかし、この本は例外。文光堂の「外科病理学」。
日本語で書かれた診断病理学の最高峰にして集大成。
新版が出ると個人で購入し、個人蔵書の証に印鑑を押し、こんなインデックスをつける。
顕微鏡の横に置き(本棚に収まる暇がない)毎日、何度も開く。
ちょっと時間が空いた時にも読む。
頭に知識が収まりきれない私(単に記憶力が悪いともいう)の病理医としての頭脳であり、病名を調べなおす辞書であり、日々の愛読書であり、心の支えでもある。
(職場での睡眠導入剤でもあり・・・ちょっと開いてぐっすり眠り、目覚めはすっきり。)
第4版では2分冊になって執筆陣も一新され、内容はますます充実している。

日本の病理診断医にとっては座右の書であり、病理医でこの本を知らないという人はモグリのニセ病理医か、引退した昔の病理医だけではないか。

病理医をめざし始めた当時は、第2版だった。
蛍光ペンで線を引いたり、余白に書き込んだり、文献からの表や図を貼り付けたりして、勉強したすべてをこの本に押し込もうとしていた。
認定病理医試験(今の病理専門医試験)が終わった後のアンケートで
「試験には『文光堂 外科病理学』の持ち込みを許可して欲しい」と書いたのは私。
だってぇ、頭脳なしで試験に受かるわけない~、と本気で思っていたのだ。
(・・・まぁ結果的には、持ち込まなくても合格できたんだけど。)

一人病理医として現在の病院に赴任してまもなく、第3版が出た。
たくさん書き込みした第2版を手放しがたく思ったが、いざ第3版を机に置いてみると、
すぐに第2版は不要になった。蛍光ペンでたくさん線を引いた。

そして現在、私の顕微鏡の隣には第4版がある。
この本は私にとって、現役の病理診断医である証でもある。
病理診断を仕事として続ける限り、新しい版が出たら購入するだろう。

病院図書の購入は毎年、年度末。
既に私の机にある本だが、この本も病院予算で購入してもらって、
臨床医の便宜のため、病院の図書室においてもらう予定。

|

« 院内カンファランスを始めました | トップページ | 病院として福祉まつりに参加する »

コメント

あけましておめでとうございま~す!
勝手にslummyさんとの交換日記にしてしまっているこのブログ。
でも、病理のマニアックな話を別の施設で仕事している方と語り合えるのはうれしい。今年もよろしくお願いいたします。

まとめちゃってなんですが、院内カンファ。病理を知ってもらう大切な、草の根病理医の仕事ですよね。
あたしは、研修医を集めてはしていないけれど、病理検体を出さない科以外とは、全科と週一回、症例のカンファをしています。大変だし、時間も遅くなるときもあるけど、大切な交流。紙やモニター上以外に直接話し合う大切さを痛感します。”atypical"と記載しても意味がわからない医師がいること、検体不良や不適切な検体の出し方も直接言うのと注意の伝わり方は違う。そして、こちらの出した診断の間違いもカンファで白日の元にさらされることもあるが、患者に迷惑がかかる前でよかった、とかね。(今日も胸水の細胞診、adenocarcinomaって診断返していたのが、画像はどうもmesotheliomaっぽい。画像上はmassがなくてね。冷や汗。剥がして免疫染色だわ。すびばせん!とかね)そのせいか、今月から外科のレジデントが3ヶ月勉強に来たり、病理医を志望してくれる子がいたり、嬉しいこともあります。
本のこと。あたしも、自分が大好きな本は自分で購入、さほど必要性はないけれど、なんでも屋としておいてとりあえず置くべき本は病院に購入させてます(笑)
あたしの辞書代わりのお気に入りは、AckermanのSurgical Pathologyと Fletcherの2冊、あとSternberg等などベストセラー物に弱い(笑)各臓器、分野別に買ったり、AFIPシリーズもいいですよね。ハードカバーになって高くなったのが悲しいが、新しいのが出るとほいほい買って、とりあえず安心してしまう(笑)
外科病理学は、実は昔の版は、偉そうなこと言ってしまうと、あんまり好きではなかった。章によって充実度が違ったり、Ackermanに記載されている病名が載っていないことがあった。でも、版を重ねるごとに充実してきたと思うし、著者の先生も知っている先生だと親近感が湧きますよね。新しいことも加筆してあると買った甲斐があったと思えますよね。あたしは英語で読んで理解したことで、わかりにくい時に外科病理学を読んで、目からうろこが落ちるときがあります。あたしの勘違いに気がついて(笑)
あと、インターネットも馬鹿にできない。Docter's docterとかいうアメリカの病理医の運営しているサイトは最新の内容まで文献をまとめてあってわかりやすく更新してあるし、コンパクトにまとめてある。最近はインターネットを使っていることが多いかもしれない。
本の更新があって、自分も更新していくのは仕事を超えて楽しいことですよね。できひんといらいらの元にもなるんですが・・・

投稿: ちっち | 2007年1月 5日 (金) 22時14分

あけましておめでとうございます、大変おそまきながら。
交換日記は、私も楽しいです(笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。

臨床医との交流は、病理診断医の大事な仕事ですよね。初めての弟子(=私)が入るまで一人病理医だった私の師匠は、よく「病理医の友は本と電話」と言っており、電話、は臨床医や外部の病理医と話をすることだと理解してました。昨年末に始めた院内カンファランスはまぁ順調に継続しており、来週4回目です。

外科レジデントが3ヶ月も勉強に来るなんて良かったね~。病理の味方が増えるのは大歓迎、3ヶ月の間に病理の魅力を教えてあげて下さいな。病理医志望者までいるとは、さすが、ちっち殿です。こんなに楽しい仕事なのに、なかなか増えない病理医、志望者はホント貴重ですよー。

病理本の話を続ければ、AFIPシリーズは病院に買ってもらってるんだけど(だって全部買うといくらになる…?)WHO blue booksの一部と趣味の胎盤関連本は自費。逆に自費で買いたくない本の代表は「規約」。仕事上、全部揃えて置いとかない訳にいかないけど、しょっちゅう更新される割に自分が豊かになれる本ではない、絶対。日本の医療界のスタンダード、半ば公的なものである規約集を一企業が出版して数年毎に更新して儲けてるのも、なんだか変だと思うし。病院予算だと年度末にしか買えないので年度途中に臨床医が「新しい規約で診断して下さい」なんて言ってきた時には(大腸の新規約はまだ私の本棚にはない!)「個人で持ってるんでしょ?貸して~」と開き直りました。借りたら診断そっちのけで「こんな風に変ったんだ、なんで~?!」という具合に熱中して読んじゃったりしたんだけど。

投稿: slummy | 2007年1月11日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外科病理学第4版:

« 院内カンファランスを始めました | トップページ | 病院として福祉まつりに参加する »