« 発達障害の自己コーチング | トップページ | 看護学校の講義 »

2006年11月 7日 (火)

演題締切・・・

気がついたら、来年の学会発表の演題申し込みが締め切られていた。

大ショック。
たいした内容じゃないけど、一応、オリジナルの演題と抄録を用意していたのに。
年に一回の病理学会総会に演題が出せないなんて・・・。
ますますダメ病理医になってしまったみたいで、ショックだ。

なんで締切の日時を忘れてたんだろう。
・・・いや、なんで、というのじゃなくて、まぁ、自分ではわかってる。
演題と抄録が出来上がった時点で、さっさと登録しとけば良かったんだ。
先延ばしするから、こんなことになる。
しかし登録するだけのまとまった時間がとれなかった、というのも事実。
業務用のPCはトラブッて入れ替えだったし。
登録締切当日は病理解剖と術中凍結3件が重複した、年に一度あるか
ないかの業務多忙な一日だった。

ここ2週間、ずっと体調が悪かったのも理由の一つ。
本業(病理診断)以外の仕事(大学、看護学校での病理の講義)が負担で、
この1ヶ月、講義の準備のために何度も徹夜してる。
たいした講義をしてる訳じゃないんだけどなぁ。
子供の相手も気が抜けない。明日はお弁当会。

・・・はぁ。過ぎたことを嘆いても仕方ない。
もっと内容を磨けたら磨いて、来年に備えよう。


9日に追記。
あきらめきれなくて学会事務局に問い合わせたら、追加登録できます、という。
嬉しくて涙が出そうになった。
送られてきた登録フォームを即座に埋めて返信し、登録完了。バンザイ!

真っ暗だった気分が一転、上機嫌になってしまった。
自分にとって病理学会総会への出題ってこんなに大事なことだったんだなぁ、と感心。
病理医としてのアイデンティティ、なのかな。
日常業務とはまた別の所にあるような、学問的発表の場としての病理学会に
発表する、受身ではなく参加してるという事が、こんなに大事だったとは。
田舎病院の勤務医にとって、学会発表はハレの席、お祭り。
どんなに自分が学会発表を楽しみにしていたか、を思い知った。

改めて、きちんとやろう、と思った。

|

« 発達障害の自己コーチング | トップページ | 看護学校の講義 »

コメント

初コメント!今日演題採択のメール来たけど、着きましたかい?大阪で会えるの楽しみにしてます♪
実は、前からちょこちょこ覗いてました^^;
ADHD的なとこって、なんか夢中になってしまうたちの人にはあると思うんだあ。
あたしも整理できないし、なんか一つのことしだしたら、ほかは見えないし、主人はとっても無口で人付き合いはとてもじゃないけどうまいとは言えない・・・
うちの息子はちょっとあさっての方までいっていらっしゃるな~とその程度のすごさに最近もびびっていますが、試験が白紙だろうが、人から変人扱いされようが、自分は自分という確固としたものがある、と見ようによってはすごいやつだと思うし。
おもしろいから続けてね、このブログ。

投稿: ちっち | 2006年12月 8日 (金) 23時30分

コメントありがとう!私のところにもメール来てました。ほっと一安心、です。
3月、大阪で会いましょね。

ADHDであること、ASであること自体が問題なんじゃなくて、社会との整合性というか、社会とストレスなくつきあっていけるかが問題なんじゃないかと思うんです。私は職を得てから(それも専門医資格を得てから)ようやく社会に適応できた、と思ってますが、それまでは年に100回くらい「あー生きるってつらい、死にたい!」って思ってました。思ってるだけで、ホントに自殺しようとしたことはないんですけどね。

病理医って全体的に変ってる人が多いですよね。ごく普通っぽい人が病理医をやってる方がむしろ珍しいくらいで。病理医は変人か奇人か狂人かのどれかだ、なんて内部では言ってるくらいだから(えっ、言いません?)、私自身は変人でも奇人でもいいから、せめて狂人の域には入っていかないようにしよう、って心がけてます。
夕べ一緒に飲んでた病理医も遠慮なしの直言居士、院長に向かってみんなの前で「あんたがこの病院を辞めることが一番の経営改革だ」って言ったとか。院長が後で「絶対にアイツを辞めさせてやる」と言ったそうで、次に同席した時に「辞めてもいいですよ、でも辞める時はあんたも一緒だ」と言ったとか。
飲み会での話だから割り引かなきゃとは思うけど、あの先生なら言いかねない(苦笑)

このブログは仕事がらみの話を書くことにしてるんで、プライベートの時間を費やしてわざわざ仕事の話を書くのはあんまり楽しいことではない(笑)ので更新頻度が低いです。
細々と続けますので、今後ともどうぞよろしく。

投稿: slummy | 2006年12月 9日 (土) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演題締切・・・:

« 発達障害の自己コーチング | トップページ | 看護学校の講義 »