« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月16日 (月)

日本脳炎の小児患者発生

平成2年以来途絶えていた日本脳炎の小児患者(未就学児)が熊本県で発生した
そうです。情報はこちらより。
日本脳炎は発症してしまうと有効な治療法のない疾患です。
この子が後遺症もなく回復することを、祈っています。

もちろん地域によって事情は違いますが、ブタにおける流行が確認できる地域では、
今もなお、日本脳炎の予防接種は必要なのではないでしょうか。

私自身の子供たちにはこちらに書いたように自費で予防接種を受けさせましたが、
住んでいる地域の広報紙(14ページ)によると、公費での対応を開始したようです。
国は全国画一的な通達しか出せないでしょうが、日本も北から南まで、地域に
よって背景となる事情は違います。
地域の事情にあわせて、子供たちの健康を守るために働いている行政、関係者の
みなさまのご尽力に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »